今だからこそChromebookを買うべき理由4選

最終更新日:

パソコンを購入するといったらWindowsかAppleのMacパソコン、どっちにするかといった感じですが、最近ではGoogleが開発した「Chrome OS」を搭載している、通称「Chromebook」というノートパソコンも注目されつつあります。

この記事では今だからこそChromebookを購入するべき理由について解説していきます。なお、合うあわないはありますから、全員に勧めているというわけではありません。

 

 

Chromebookとは?

まず最初に、そもそもChromebookとは何なのかについておさらいしていきましょう。詳しくは以下の記事にて説明しました。

最近話題のChromebookとは? その特徴を徹底解説【激安】

冒頭でも説明した通り、Googleが開発している「Chrome OS」を搭載しているノートパソコンで、皆さんおなじみのChromeブラウザをメインの環境として利用します。中にはAndroidのアプリを利用できるものもあり、小型なものも多いためモバイルパソコンとしての機能性に優れている印象です。

現在ではまだあまり知られていませんが、Chrome OSは年々進化していますし、何より現代を生きる多くの人にフィットしているOSになってきていますので、今後注目されていくと予想されます。 そんなChromebookですが、多くの人におすすめできる理由がいくつかあります。

それらを紹介していきます。

 

 

Chromebookを購入すべき理由

それでは早速説明していきます。

 

1.安い

以前の記事でも説明しましたが、Chromebookは一般的なWindowsノートパソコンやAppleのMacBookなどと比べると比較的安い傾向にあります。Chrome OS自体が低コストで利用できるからという理由もありますが、なんといってもChrome OS自体が非常に軽いOSですので、Windowsパソコン等に比べると低性能でもサクサク動いてくれます。 ただしその分OSの機能は少なくなっていますが、多くの人は事足りるだろうと思います。

安いものは3万円程度から販売されています。しかもLenovoなどの大手パソコンメーカーも3万円程度のChromebookを製造しているので驚きです。

 

2.軽い

Chrome OS自体が比較的軽いので低スペックでもサクサク動作するという話は先ほどしましたが、それに加えてChromebookは本体がコンパクトで、軽いものが多いです。というのも、OSの性質上そこまでヘビーな作業が想定されていませんので、基本的にはタブレットに近いようなモバイル機器になっています。 もちろん中には画面サイズが15インチを超える大型のものもありますが、11インチなど、通常のWindowsノートパソコンではあまり見かけないようなコンパクトサイズのものまで販売されていたりします。 そのため、外出先に持っていくことも簡単にできるでしょう。 モバイル性が重視されている現代では重要なポイントです。

 

3.ブラウザ作業が行える

先ほど説明した通り、Chrome OSはChromeブラウザをメインの環境として動作します。Windowsのように本体にインストールするようなネイティブアプリは思うように利用することはできないですが、最近ではブラウザ上であらゆる作業を行えるようになっているので多くの人は問題なく作業を行うことができるでしょう。 私がこのサイトの記事を作成している「WordPress」というソフトもブラウザ上でコントロールすることができるようになっています。そのため、Chromebook上でも問題なく作業をすることができます。

また、Chromeブラウザには拡張機能というシステムがあり、ブラウザ自体にあらゆる機能を取り付けることができます。そのため、ブラウザ自体をOSのように利用することだってできるでしょう。

また、一部のChromebookではAndroidアプリが利用できるようになっているため、スマホでしかできないような作業もChromebookでこなすことができます。現代に似つかわしいパソコンだと言えますね。

 

 

4.Google Stadia

Chromeなどのブラウザ上でも動作させることのできるパソコンゲームは増えてきていますが、やはり人気のある多くのゲームはパソコン内にインストールし、ネイティブアプリとして動作します。そういった場合、Chromebook上ではうまく動作させることができません。

ですがChromebookの多くではGoogleが提供しているクラウド型ゲーム配信サービス「Google Stadia」を利用することができるようになっています。クラウド型ゲーム配信サービスというのは、ゲームの処理をインターネットを通じて遠くにある高性能なサーバー上で行ってくれるシステムとなっていて、有名なものとしてNvidiaの「GeForce Now」があります。

サーバー上で処理を行うということで、利用者のパソコンにはほとんど負担がかかりません。そのため、重ためのゲームでもChromebookのような比較的低性能なノートパソコンで快適にプレイすることができます

今はまだあまり有名なゲームはプレイできませんが、徐々に成長しつつある「クラウドサービス」市場ですので、そのうち多くの有名ゲームをプレイできるようになるでしょう。 そしてChrome OSはGoogleが開発しているOSですから、Googleが提供する「Google Stadia」を何ら問題なく動作させることができるわけです。

ある程度の作業をこなすことができるので仕事用のパソコンとしても利用できますが、その上ゲームまで楽しむことができるという優れものですね。

是非お勧めしたいノートパソコンです。







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
ちなみに私は富岡義勇推しですよ

Twitter Youtube Instagram