Face IDをサポートするMacはいつ登場するのか?【顔認証】

最終更新日:

スマートフォンに指紋認証や顔認証などの生体認証方式が採用され始めたのはそこまで昔の事ではありません。しかし今では指紋認証などはもはや常識になってきています。スマートフォンだけでなく、Appleの「MacBook」シリーズにも搭載されるようになりました。

しかし顔認証はどうでしょうか。AppleはiPhone Xシリーズからホームボタンを廃止し、完全に顔認証への移行を測りました。その一方でMacBookをはじめとするMacシリーズにはまだ顔認証の「か」の字も導入されていません

この記事では、そんなMacシリーズパソコンに一体いつになったら顔認証、すなわち「Face ID」が搭載されるのかについて説明していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • Appleが、顔認証システムを搭載したようなMacBookやiMacの特許を提出した
  • すでにMacBookでTouch IDが採用されていることもあって、MacにおけるFace IDの導入はそこまで困難ではないと予想

Face IDとは?

そもそもFace IDとは何なのでしょうか?

 

Face ID

Appleが開発した顔認証システムである。iPhone Xに初搭載され、従来の顔認証システムよりも精度が向上したうえに認証速度も速くなった。    もっと詳しく

上の「もっと詳しく」にて詳しくその仕組みについて説明しています。

Face IDとはAppleの顔認証システムの呼び名で、顔を画像としてとらえるだけでなくその形状までも特殊なセンサで読み取り、より高精度な認証を実現しています。ディスプレイを多少傾けてもしっかり認証を行うことができるというのも特徴の一つです。

現在はまだiPhone,iPadシリーズにしか導入されていません

 

 

Mac with Face ID

冒頭で、「MacパソコンにはまだFace IDが搭載されていない」と説明しましたが、何かしら搭載されるような動きが見られたからこの記事を作っています。

 

MacBookにFace ID

これはAppleが提出した特許になります。

 

Appleが提出したMacBookの特許

これはまぎれもなくMacBookです。左側には二つのUSB Type-Cポートが搭載されていて、大きめのトラックパッドタッチバーのようなものも見られます。

ここまではいたって従来通りなのですが、ディスプレイ上部の丸で囲われた部分に何やらセンサのようなものが付いています。 この位置に取り付けてあるのは内カメラです。ですが内カメラだけにしては少し長いですよね。

 

TrueDepthカメラシステム

これはTrueDepthカメラシステムのイメージです。

 

TrueDepth

Appleが開発しiPhone Xに初搭載した顔認証(Face ID)を実現するためのカメラシステムの呼び名。Face IDをはじめとし、あらゆる機能に活用される。    もっと詳しく

このカメラシステムを使って、顔認証すなわちFace IDを利用することができます。従来内カメラが乗っていた位置にTrueDepthカメラシステムのようなフィールドが追加されている事を考えると、この特許内のMacBookではFace IDが利用できるということが予想されます。

 

iMacにFace ID

加えて、iMacと思われるデバイスにも同じようなセンサが取り付けられている特許の様子も確認されました。

 

Appleが提出したiMacの特許

何かiMacとは違う感じがしなくもないですが、このスタンドにこの画面といったらiMacくらいしかないでしょう。

そしてディスプレイ上部には先ほどと同様、TrueDepthカメラシステムのフィールドのようなものが見られます。ちなみにiMacについてもこの位置に内カメラがあります。

 

なお、この特許は確かなものですが、あくまでも特許でしかないのでこれが今後実装されるとは限りません。ただ、前々から噂されていたのに加えて期待されている事でもあります。

 

 

いつ登場?

もちろん特許には、このようなMacがいつ登場するのか(そもそも登場するのかどうか) については記載されていません。

しかし私の考えとしては、もし登場するとしたら次のモデルにでも登場するのではないかと思います。TrueDepthカメラシステムについてはiPhoneで既に採用されていて、洗練されているので取り付けるのはそう難しくないでしょう。

 

ただ一つ、処理装置の問題があります。

AppleはFace IDにて登録した個人の顔データを特殊なアルゴリズムによって数学的データに変換し、それを独自プロセッサ(A~)内に格納します。

しかしこれは独自プロセッサだからできることであって、現在のiMacにはまだIntel製のプロセッサが搭載されているので難しいのではないでしょうか。

加えて、顔認証の照合や学習、登録には独自の「ニューラルエンジン」が用いられています。

 

ニューラルエンジン

Appleのコンピュータに搭載されているSoC(チップ)のうち、機械学習関連の処理に特化した処理装置の事。iPhone 11のA11 Bionicチップで初めて搭載され、その後も改良され続けている。

これはApple独自の装置なので、もちろんIntel製のプロセッサには搭載されていません。そのため、もしFace IDを搭載するとなるとApple独自のプロセッサを採用するかあるいは、専用のチップで処理するかの二択になります。

もしも専用のチップで処理することができるなら、すでにMacシリーズに搭載されているセキュリティチップ「T2チップ」を利用することができそうです。

実際にTouch IDが搭載されているMacBookシリーズでは、Touch IDのデータをT2チップに保管します。Appleによると、Touch IDが利用できるところでは同様にFace IDも利用できるとのことですので、結局のところMacにFace IDを搭載するのはそう難しくはないでしょう。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
最近アロマティカスっていう多肉植物育ててます

Twitter Youtube Instagram