Intelの7nmプロセス CPUは一体いつになる?【Intel vs AMD】

最終更新日:

2019年7月に7nmCPU「第3世代Ryzen」を発売したAMD社は、プロセスの微細さにおいてIntelに勝っています。そしてIntelはというと、いまだに14nmプロセスのCPUを生産していて、10nmのものもギリギリ今年中に発売できるかといった感じです。 さて、Intelの7nmプロセスCPUは一体いつになったら発売されるのでしょうか。この記事ではあらゆる情報をもとに、Intelの開発ロードマップを説明していきます。

ちなみに以前にも「Intel vs AMD」という記事を投稿しました。ぜひこちらもご覧ください。

結局AMDとIntelどちらのCPUがいいのか?【2020年最新】

この記事を2行で説明すると

  • Intelは2022年、AMDは2019年に7nmプロセスCPUを実装
  • 2022年以降、IntelがAMDに追いつく可能性は十分にある

Intel , AMDそれぞれのプロセス開発ロードマップ

まず最初に、Intel , AMD両方のCPUプロセスのロードマップを紹介します。もちろん噂程度の話です。

IntelCPUAMDCPU
201414nmBroadwell28nmKaveri(A)
201514nmSky Lake28nmGodavari(A)
201614nm +Kaby Lake28nmBristol Ridge(A)
201714nm ++Coffee Lake14nmSummit Ridge(Ryzen Zen)
201814nm ++Coffee  Lake Refresh12nmPinnacle Ridge(Ryzen Zen+)
201914nm +++ / 10nmComet Lake
Ice Lake(Sonny Cove)
7nmMatisse(Ryzen Zen2)
202010nm +Tiger Lake(Willow Cove)7nm +Vermeer(Ryzen Zen3)
202114nm ++++ / 10nm ++Rocket Lake
???(Golden Cove)
5nm?(Ryzen Zen4)
202210nm ++
7nm
Alder Lake
???(Ocean Cove)
5nm +?Raphael?(Ryzen Zen5)
202310nm +++
7nm +
Meteor Lake3nm??(Ryzen Zen6?)
20245nm??????????

※2022年頃からあまり信頼性のない情報となっています。

一応以上のようになっているみたいです。CPUのところがややこしくなっていますが、AMDに関してはRyzenが登場してから(2017年) 急速に進化しているのがわかると思います。

そしてIntelといったら5年間くらい14nmプロセスを使用していて、デスクトップ向けCPUに関しては2021年になっても14nmプロセスが使用される予定です(Rocket lake-S CPU)

そしてモバイル向けの方ではIcelake→Tigerlakeと10nmプロセスを使用し、2022年にはOcean Coveアーキテクチャの一部のCPUにて7nmプロセスが実現されると言われています。

ちなみにIntelの14nmプロセスはもはや14nmプロセスの域を超え、実質10nmプロセス程度のパフォーマンスがあり、とても優秀です。もちろんAMDの7nmプロセスに比べたら消費電力は高いわ、発熱は大きいわで優秀とは言えません

IntelはAMDに追いつくのか? また、いつ追いつくのか?

先ほどの話につながりますが、

もしもIntelの7nmプロセスが14nmプロセスと同様に、数値以上のパフォーマンスを発揮することができるならどうでしょうか。

2021年にIntelが7nm , AMDが5nmに落ち着いたら、もしかするとIntelのほうがパフォーマンスが高くなるかもしれません。

 

ただし、Intelが数値以上のパフォーマンスを発揮するのは、主にタック時期(全世代と同じプロセスを使うが、全世代に比べてより効果的に構成することができ、同じプロセスでも品質を高くすることができる時期) を通した後の話なので、最初の7nmプロセスからうまくいくとは限らないという話もあります。

 

AMDに関してはTSMC社に半導体製造を委託しているのもあってか、7nmプロセスは最初から大成功となりました。ですがTSMC社では今半導体製作が遅延しているという課題があるため、以後のプロセス開発もそこまでスムーズに進むのかはわかりません

 

とりあえず言えることとしては、

Intelもまだ十分に逆転するかもしれない

ということです。逆転とか言ってますが、ほんの1年くらい前までは圧倒的にIntelの方が人気で、AMDに追い越されたのはここ数か月のことですね。

半導体の世界ってそういうものだと思うので、おそらくいつの間にかまたIntelが逆転なんてことも起こりうるのでしょう。

 

 

また、プロセスの微小化についても、1nmまでいくと非効率みたいです。開発するコストに対するパフォーマンスが低く、摩擦問題等も発生してくるみたいなので今、半導体の材質はシリコンからカーボンナノチューブ(炭素)に置き換わっていくかもしれないと言われています。

 

そして2025年にはもうカーボンナノチューブの半導体が市場を出回る可能性すらあるそうです。

プロセスの微細化はもう時代遅れ? 炭素による新プロセッサの実態について

 

 

関連記事:Intelの第11世代デスクトップ向けCPUはどうなる?【Rocketlake-S】

第四世代Ryzenのアーキテクチャ「Zen3」の情報







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

Weini_Sleep広告

Weini_Sleep
JUNKI

Babu
ブログ運営はおおむね、「外部経済」で成り立っているのはご存じですか?

Twitter Youtube Instagram