Xbox Series Sとは? Series Xとの違いまで徹底解説

最終更新日:

まだ登場はしていませんのでもしかしたら知らない人もいるかもしれませんが、既に2020年に新しいPlayStation 5とXbox Series Xが登場することが発表されました。両者の比較については以下の記事をご覧ください。

PS5 vs Xbox Series X【2020年新型ゲーム機頂上決戦】

両者はこれまでのゲーム機とは比べ物にならないくらいの高性能さを実現し、世の中は盛り上がっているところですがそんな中で、ひっそりとその正体を現せつつあるのが「Xbox Series S」です。

この記事ではXbox Series Sとは何なのか? Series Xとの違いについても説明していきます。

 

 

この記事を3文で説明すると

  • Xbox Series S次世代Xboxシリーズの一つで、Series Xよりも低価格・低性能なモデルである
  • 性能はSeries Xの半分になると予想されるが、価格も半分の可能性が高い
  • 多くの人はSeries Sで満足するだろう

Xbox Series Sとは?

Xbox Series Sというのはコードネーム「Lockhart」で知られる次世代のゲームコンソールになります。そしてこのゲーム機はXbox Oneシリーズの後継となります。特にその中でも、同じ「S」を持つ「Xbox One S」の後継と言えます。

Xbox One Sというのは同世代のXbox One Xに比べて低性能・低価格で製造されたシリーズになります、つまり、Xbox Series S同世代のXbox Series Xに比べて低性能・低価格で製造されるのです。

というのがXbox Series Sの立場になりますが、では一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

 

Xbox Series Xとの違い

それではXbox Series Xとの違いについて説明していきます。

 

デザイン

 

予想デザイン

正式に発表されたわけでもないのでイメージ画像になりますが、Series Xよりも性能が低い分本体をコンパクトにできるのではないかということで上のようなデザインになっています。タワー型なのに変わりはないですが高さが短くなっていて、立方体に近い形となっています。

コントローラーとの大きさを比べてみるとだいぶ小さいですので、いつかの時代にあったゲームキューブのようなサイズ感になるのでしょう。

配色についても謎ではありますが、Series Xと対比されホワイトとなっています。

 

 

 

処理装置

次世代のXboxにもパソコンと同じようにCPUとGPUなどのパーツが入っているわけですが、それらの処理装置についてもSeries Xよりは性能の低いものが使われるとのことです。

 

CPU

CPU(プロセッサ・中央処理装置)とは、コンピュータの「頭脳」と呼ばれているパーツで、主な処理をこの装置で行う。
コンピュータの全体的な処理性能は主にCPUで決まる。

GPU

グラフィック処理装置(GPU・グラフィックス)とは、映像出力を行うための装置で、3Dゲーム等でその性能が特に重要視される。    もっと詳しく

 

CPUについては、アーキテクチャは同じAMDのZen2になりますが、コア数及び動作周波数が異なるとのこと。ただし前世代のXbox Oneシリーズ等と比べると明らかにアーキテクチャが進化していますので、確実にXboe One Xよりは性能が高くなるでしょう。

そしてGPUについてもアーキテクチャは同じ、AMDのRadeon Naviベースのカスタマイズされたものになりますが、コア数及び動作周波数が低減されるでしょう。そしてその処理能力としては4TFLOPSになるとのことです。

Xbox Series X及びPS5と比べると半分程度といったところでしょうか。それでもXbox Oneシリーズよりは優秀な性能を発揮してくれそうです。

もしかしたらレイトレーシング等の機能がカットされるのかもしれませんが、少なからずXbox Series Xでできるゲームは最低限出来るわけですからそれなりの性能は確保されているでしょう。ただしXbox Oneシリーズと同様に、高解像度のゲームはXbox Series Xでのみ実現できるようになると思います。少なくともフルHD解像度程度であれば確実にプレイできますが。

 

 

記憶装置

処理装置と合わせて、メインメモリも削減される可能性は高いです。

 

メインメモリ

メインメモリ(RAM)は写真や動画などの思い出等を保存するためのストレージとは異なり、主にCPUが処理を行うために一時的に細かいデータを保存するための記憶装置です。    もっと詳しく

 

また、ゲームデータや写真、動画などを保存するストレージについてはXbox Series Xと同じオプションに加え、より低容量のオプションが登場すると考えられます。これはXbox Oneシリーズでも見られた違いです。

ただ、低容量のオプションを選んだところでデータの通信速度はXbox Series Xと全く同じになる、つまり同じ高性能SSDを使うことができると思いますので、ゲームのロード時間もかなり短くなるでしょう。

Xbox Series Sでも十分に次世代Xboxを味わうことができるということですね。

 

 

価格

価格についてもまだ正式にはわかっていませんが、噂ではXbox Series Xの半額以下で購入できるようになるとのことです。そもそもXbox Series Xの価格自体もわかっていない状況なので謎めいた表現ではありますが、具体的には300ドル程度、日本円で3万円ちょっと程度で手に入れることができるとのことです。

ちょうど現在の新品のPS4くらいの価格で購入できるかもしれないということですね。でもその性能は確実にPS4よりも上です。

そのため、多くの人はこのSeries Sが最も適しているでしょう。そしてゲームがとにかく好きな人や、高画質でプレイしたいという人はお高めのSeries Xを選ぶというスタイルになるでしょう。

また詳しい情報が発表されましたらこの記事を更新します。たぶん。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
最近アロマティカスっていう多肉植物育ててます

Twitter Youtube Instagram