【MacBook Pro】Radeon Pro 5600Mとは? 5500Mとの違いまで

最終更新日:

MacBook Pro 16インチモデルが発売されたの自体は2019年の事になりますが、先日MacBook Pro 16インチモデルのGPU(グラフィックボード)オプションに新しいものが加わりました。 それが「Radeon Pro 5600M」になります。

それまではRadeon Pro 5500Mが最高オプションとなっていたわけなので、5600Mが登場したことによって更に高性能な構成が増えたということになります。

では一体このRadeon Pro 5600Mとは何者なのでしょうか? 従来の5500Mとの違いも含めて解説していきます。

 

 

この記事を1文で説明すると

  • MacBook Pro 16インチモデルに新しく追加されたGPUオプション「Radeon Pro 5600M」は従来の5500Mよりも30%程度性能が高いが、その分オプションの価格もかなり高くなっている

Radeon Pro 5600Mとは?

そもそもグラフィックボードってなんだよって話ですが、グラフィックボード(GPU)はディスプレイに映像を表示するための処理装置です。主にゲームプレイ等の処理において高性能なGPUが必要になってきます。

 

GPU

グラフィック処理装置(GPU・グラフィックス)とは、映像出力を行うための装置で、3Dゲーム等でその性能が特に重要視される。    もっと詳しく

 

そしてRadeon Pro 5600MというのはAMD社製のグラフィックボードとなっていて、最新の「Naviアーキテクチャ」がベースとなっています。

それではその仕様について従来のRadeon Pro 5500M、それから5300Mと比較していきましょう。

 

 Pro 5600MPro 5500MPro 5300M
アーキテクチャNaviNaviNavi
演算ユニット402420
コア数2,5601,5361,280
最大動作周波数1,035 MHz1,300 MHz1,250 MHz
VRAMHBM2 8GBGDDR6 4 / 8GBGDDR6 4GB
TGP50W50W50W
浮動小数点演算 FP325.3 TFLOPS4.0 TFLOPS3.2 TFLOPS

 

このようになっています。アーキテクチャはすべて最新のNaviとなっており、7nmプロセスが採用されています。 そして処理コアのまとまりの数を表す「演算ユニット数」には大きな違いが出ています。

最低オプションの5300Mでは20基しかありませんが、5600Mではその倍の40基となっています。 そしてその分コア数も倍になっています。こうして見てみると5300Mから5500Mへの進化よりも、5500Mから5600Mへの進化の方が大きいものになっていることがわかります。

そして動作周波数については公式ホームページ上の表示では5600Mが一番低くなっています。ただこれに関してはもしかすると表記が誤っていて、本当は1,350 MHzなのかもしれません。

そしてグラフィックボード専用メモリーについては5600MだけHBM2メモリを利用していて、それ以外はGDDR6となっています。

 

HBM

HBMメモリは超広帯域を特徴としているメモリの種類で、その特性からAI処理で高いパフォーマンスを発揮する傾向にある。

HBMメモリはGDDR6などのVRAMに比べると非常に帯域幅が広くなっていて、機械学習等で活躍します。ただ正直ゲーム処理等についてはGDDR6と大差ないと思います。

そして容量については5300Mは4GB、5500Mには4GBと8GBの二種類があり、5600Mは8GBだけとなっています。 理論上の計算能力については5500Mよりも30%程度上昇しています。

この進化は5300Mから5500Mへの進化よりも大きなものとなっています。

 

 

Radeon Pro 5600Mの性能とは?

技術仕様も重要ですが、やはり一番重要になってくるのは実際にどれくらいの性能が出るのかです。

まだあまりベンチマークが測定されていませんのであくまでも仕様を基にした目安になりますが、以下のようになっています。

 

 

この値はPassmarkを参考にしたものになります。

一番左にあるのが今回登場したRadeon Pro 5600Mで、その右に比較用にMacBook Pro 16インチモデルの他のオプションである「5500M」「5300M」、それからNvidiaのミドルレンジGPU「GTX 1660」も載せています。

この値がだいたい1万程度あれば最新のゲームでもそこそこ快適にプレイできるくらいです。そのため、Radeon Pro 5600M程度の性能があれば十分にゲームを楽しむことができるでしょう。ただし、ゲームが目的なのであれば最初からデスクトップゲーミングパソコンを購入する方が圧倒的にコストパフォーマンスが高いと思います。

他にも、グラフィック性能が向上している分動画のエンコード等も短縮することができそうです。

 

 

Radeon Pro 5600Mの価格

今までのオプションとは圧倒的な差をつけたRadeon Pro 5600Mですが、気になるのは価格です。

グラフィックボードオプションにだけ焦点を当てると以下のような構成になっています。

 

デフォルトRadeon Pro 5300M0円
1Radeon Pro 5500M 4GB+ 10,000円
2Radeon Pro 5500M 8GB+ 20,000円
最高構成Radeon Pro 5600M+ 80,000円

 

やはり性能が向上している分価格もかなり向上していますね。5300Mと5600Mの性能差は二倍あるか無いかといった感じではありますが、実に8万円も価格がひらいています。おそらくこの中であればRadeon Pro 5500M 4GBを選ぶのが一番良いかと思います。ただ、明確にRadeon Pro 5600Mの性能が必要だとわかっている場合や、意地でも最高オプションにしたいという人は5600Mもおすすめです。







アンケート

期限:2020/07/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

brave-sapporo-広告

JUNKI

Babu
受験勉強せねば

Twitter Youtube Instagram