【3万円】タイピングガチ勢がReal Force PFU Limited Edition買ってみた【レビュー】

最終更新日:

パソコンを操作するうえで最も大切になってくるのはやはり「キーボード」ですよね。これがないと文字を打つことができません。そしてそのキーボードにも様々な種類があり、価格もピンからキリまであります。では「キリ」はどんなキーボードなのでしょうか。 そこで今回最高級のキーボードシリーズである「東プレ REAL FORCE」シリーズの中でもさらに高価な「PFU Limited Edition」を購入しましたので、タイピングガチ勢である私がレビューしていきたいと思います。

REAL FORCEシリーズキーボードとは?

まず最初に、この東プレのREAL FORCEシリーズキーボードとは一体何者なのかについて解説していきます。

とりあえずこういう時はGoogleで「東プレ REAL FORCE」と検索して一番上に出てきたそれっぽいホームページに訪れてみるのです。すると、無事公式サイトにたどり着きました。

https://www.realforce.co.jp/

そしたらこのサイトの上の方に「特徴」というタブがありました。早速見ていくと、

静電容量無接点方式

一番最初に書かれていたので、おそらくこの特徴がReal Forceの一押しポイントなのでしょう。確かに、Real Forceシリーズキーボードとほかのキーボードを比べた時何が違うかと言われたら、Real Forceを知っている人なら真っ先に「静電無接点方式」と答えるかと思います。この静電無接点方式というのはキーの方式を示しています。 利用者がキーボードのキーを押すと何らかの構造を経てそれが電気信号に代わり、パソコンに入力されるのです。その「何らかの構造」にはいろいろな種類があります。

例えば割と安めのキーボードには「メンブレン方式」が採用されます。タイピングにそこそここだわりがある人ならこのメンブレン方式は割と嫌いがちですね。。。

そして、少し高いキーボードには「メカニカル方式」と呼ばれる構造が採用されたりします。しかもその中に「青軸」や「赤軸」など様々な種類のスイッチが存在します。メカニカル方式キーボードについては以下の記事で詳しく説明しましたのでそちらをご覧ください。

メカニカルキーボードとは何なのか徹底解説【図解】

そして残るは静電無接点方式です。こちらはメカニカル式に比べてさらに高価な傾向にあります。では一体どのような方式なのでしょうか。

メカニカル方式と静電無接点方式の仕組み

最近BableTech管理人が液晶ペンタブレットを購入しましてこんな感じの手描きイラストが描けるようになりました。ちょっとわかりにくいかもしれませんが著作権問題に触れなくて済むのと、なんか温かみがあっていいですよね…苦笑

さて、メカニカル方式というのは先ほど紹介した記事でも解説している通り、キー一つ一つに独立したスイッチがついていて、そのスイッチの種類がいわゆる「軸」の種類となります。赤軸とか青軸とか… あれはスイッチが異なるわけですね。

そしてスイッチの中にはバネが入っていて、スイッチの中央部には金属板のようなものがもたれかかっています。この状態でスイッチが押されて移動することでこの金属板がもう一つの金属板に接し、回路がつながるのです。これでやっと入力されたことになります。キースイッチと金属板、金属板同士が触れるなどして接点を持つので、この方式は「有接点」とでも言いましょうか。

一方で静電無接点方式は文字通り接点を持ちません。キーキャップはいいとして、キーの下にはカップラバーが存在し、その中に重さを調節するためのバネが入っています。そして側面にはメカニカル式のような接点は存在せず、スイッチの底の部分が基盤に近づくことで入力を検知します。金属板などが動いたりしないため寿命を長くすることができるのと、キー検出を安定して行うことができるなどのメリットがあります。 また、比較的静音仕様にしやすいなどのメリットもあります。

詳しくはReal Forceの公式サイトをご覧ください。なお、別に静電無接点方式はReal Force独自の方式というわけではありません。

豊かなカスタマイズ

ある程度高価なキーボードになると様々なカスタマイズを行えることが多いですが、Real Forceキーボードはその特性から、さらに柔軟なカスタマイズを行うことが可能になっています。

例えばこれはほかのキーボードではあまり見たことがないのですが、CapsLockキーとCtrlキーを入れ替えることができたりします。それ用のキーキャップや、キーを外すための道具も付属しています。詳しくはこの後レビューします。 実際日本人はそこまでCapsLockを使わないので、Ctrlキーと位置を交代した方が使いやすいのかもしれないですね。

また、インジケータのLEDの色を設定することができたり、特定のキーを無効にできたり、APCモデルでは各キーの入力検出の深さを1.5 / 2.0 / 3.0mmから選ぶことができます。これも後程紹介します。 この機能は静電無接点方式だからできたことですね。

また、これらの様々な設定をキーボード自体に保存することができるので、パソコンを変えても設定を保持することができたりします。これは非常に便利なポイントですね。

二重入力対策

キーボードのよくあるトラブルとして、一回しか入力してないのに二回分入力したことになってしまう「チャタリング」が発生してしまうなどがあります。チャタリングはキー検出位置の境目でキーがブレてしまうことが原因だったりするのですが、Real Forceキーボードではキー入力検出位置とキー入力が切れる位置に差が設けられているためそのようなトラブルが発生しません。 これも主に静電無接点方式だからできたことでしょう。

同時押し可能

これは最近のキーボードなら割と備わっている機能ですが、Real Forceキーボードではすべてのキーを同時押ししてもすべて検出されます。「すべてのキー」というのはなかなか珍しいですね。普通キーの個数が決まっていたりするのですが…

しかも静電無接点方式ということで、ほぼ同時に押してるのではないかというくらい高速な入力をしていても、正確に順番通りに入力されていきます。これは私が使ってて実際に思ったことで、タイピングガチ勢にとってはなかなかうれしい仕様です。

さて、Real Forceの公式ホームページに載っていた、Real Forceならではの特徴は以上の通りです。ここで、私が今回購入したReal Forceキーボードについて紹介していきたいと思います。

Real Force PFU Limited Editionをレビュー

今回私が購入したのは以下の製品です。

PFU Limited Editionと呼ばれるモデルで、ただのReal Forceではありません。

PFU Limited Editionとは?

Real Forceの中でもさらに種類が分かれているのかよという話ですが、ちょっとお高めのシリーズとして「PFU Limited Edition」というシリーズがあります。キーボードに詳しい方なら聞いたことがあるかもしれませんが、「PFU」というのもこれまたキーボードなどを販売している会社です。そしてこのPFU Limited Editionは東プレのReal ForceシリーズとPFUがコラボした製品ということになります。このPFUのキーボードも非常に高価であり、高品質です。

私が購入したキーボードはReal Forceの「R2」というシリーズがベースになっているモデルではありますが、キーの押下圧が30gではなく45gと、少しだけ重たい(というか普通くらい)仕様になっていまして、PFUのキーボードにも採用されている静音機能なども保有しているキーボードになります。

また、APC機能もついていて、先ほど説明した通り入力を検知する位置を三段階で変えることができます。それに合わせて、付属のスペーサーでキーのストローク(押下幅)を三段階で変えることができ、様々な打ち心地にすることができます。

とりあえず、Real ForceとPFUのキーボードの良いところをすべて盛り合わせたようなキーボードに仕上がっていて、デザインとしては「Real Force」のロゴがさりげなく描かれつつ、キーのデザイン自体はPFUのものに近くなっています。デザインなども含めて、レビューしていきましょう。

とりあえずPFU Limited Editionは特別なキーボードということですね。

仕様

この製品の仕様について軽く振り返っておきます。

型名R2TLSA-JP4-BK
キー配列日本語配列
本体色ブラック
キー刻印昇華印刷
キー数91キーレイアウト
キー構造ステップスカルプチャー
キー荷重45g
キーストローク4mm
NキーロールオーバーフルNキーロールオーバー
スイッチ寿命5,000万回以上
インターフェースUSB2.0 Type-A
動作OSWindows® 7 以降
ケーブル長1.7m
サイズ142mm x 369mm x 30mm
重量1.1Kg
付属品保証書|キートップ(Ctrl、CapsLock)|キートッププラー|一体型キースペーサー(2mm / 3mm)

私が購入したのは日本語配列です。英語配列のほうがプログラミングなどの作業が速くできたりすると聞きますが、記事を書いたりして日本語を入力することが多いので日本語配列にしました。

そして配色はブラックです。この後お見せしますが、黒いキーに黒文字で文字が印刷されているのでほぼ全くと言っていいほど文字が見えないです。ブラインドタッチ必須ですね。でも個人的にこのデザイン狂おしいほど好きです。

キー刻印は昇華印刷となっています。レーザー刻印に比べてさらに禿げにくいことが期待されます。

テンキーレスで、キー数は91となっています。静電無接点方式を採用していて、キー荷重は45gです。これは最も標準的な重さかと思います。通常のReal Forceシリーズは30gだったりしますが、私が以前に使っていたキーボードが45gだったのと、重めのほうが高速でタイピングしやすいという情報を聞いたので45gのこのモデルを購入しました。

キーストロークは標準で4mmですね。ここから付属のスペーサーを用いることで2mm、1mmと調節することができます。

フルNキーロールオーバーです。スイッチ寿命も比較的長い方です。インターフェースはUSB 2.0 Type-A方式です。Windows 7/8/10などに対応しています。そして重量が1.1kgと、なかなか重ためになっていますね。重厚感があって高級感もマシマシになり、個人的には結構好きです。

開封

パッケージの見た目は以下の通りです。

パッケージの見た目

テンキーレスモデルですので一回り小さくなっています。PFU Limited Editionとはいえ、パッケージのデザインはほかのReal Forceシリーズと大差ないですね。高級感があって良いです。なお、開封については動画を撮影しましたので、以下の動画をご覧ください。

Real Force開封してみた!

もう1か月以上このキーボードを使っているのですが、この動画は届いて割とすぐに撮影したものになりますね。なかなかにグダっていますがご容赦ください。

中には説明書やキーのストロークを変えるスペーサー(下図) こちらは2mm厚のものと3mm厚のものがあります。元々のキーストロークが4mmですので、最高で1mmストロークにすることができるということですね。1mmといったらAppleのMacBookシリーズなんかを思い出します。

スペーサー

そしてキーキャップを取るための道具やCtrlとCapsLockキーを交換するためのキーキャップなどが付属していました。(下図)

付属品

そして準備が整ったので早速使ってみました。

早速使ってみる

先ほど紹介した動画内でも若干打ち込んでいましたが、あれはデフォルト仕様で打ち込んだものになります。キーストローク4mmで検出位置は2.2mmですね。非常に静音で、最後まで均一の力でキーを押し下げることができるので突っかかりがなく、個人的にとても打ちやすいと思いましたが、若干キーストロークが長いかなと感じましたので、付属のスペーサーで変えてみることにしました。

この作業がなかなか大変です。ファンクションキーやその他の右側のキー以外のキーのキーキャップをすべて外す必要があるので頻繁には変えたくないかなといった感じです。

そしてストロークを変え、2mmにしつつ、専用のソフトで検出位置を1.5mmに変えました。なお、スペーサー自体は柔らかい材質になっていますので実際のストロークは厳密には2mmではないと思います。

そして変えてから再びタイピングの様子や感想を動画に収めました。以下ご覧ください。

Real Forceレビューしてみた!

打鍵音等

打ち心地などの感想はこちらの動画で紹介している通りです。メカニカル式の赤軸などにみられるクリック感は一切なく、打鍵においてほとんど突っかかりを感じません。そのため、キー荷重45gとはいえ割と軽めに感じます。また、非常に静音ですね。間違いなく今まで使ってきたキーボードの中で一番静かかと思います。打鍵したときに甲高い安っぽい、はじけるような音は発生せず、その代わりに深みのある重厚感のある鈍い音が鳴ります。そのため静かで高級感あふれる打鍵音となっています。イメージでいうと「スコスコ」と打っている感じです。ただ、一般的なキーボードとは打鍵音や打ち心地が異なるので、人によって違和感を感じるかと思います。

ただ、あまり耳に障らない音ですので人がたくさんいるオフィス等で使うのもありかと思います。

また、個人的な話にはなりますが、私は激しい自分の打鍵音が聞こえていると高速でタイピングすることができなくなるという謎の性質がありまして、本気でタイピングするときはこれまでヘッドホンをつけていたりしました。

しかしこのキーボードでは一切ヘッドホンを着用する必要がなく、そのまま打鍵しても十分に打鍵音が籠っているように聞こえるので気にせずに高速タイピングすることができます。

 

キーストローク

そして2mmのスペーサーを取り付けた分、打ち心地はかなり浅くなりました。スペーサーはキーの下に設置しているので見た目は変わらずキーストロークが深いように見えますが、打ってみるとすぐにキーが止まります。そのため、最初はなんだか物足りないというか、打ち込んだ感がなく違和感を感じていました。 でも数日も経ったらもう慣れて、浅めな方が速いタイピングを行うことができる感じもしてきました。

すべては慣れといった感じはありますね…笑

 

APC

また、キーの検出位置を2.2mmから1.5mmに変更しましたが、こちらも体感できる変化がありました。極端に言えばキーに触れただけでもう気づいたら入力されているみたいな感じです。そのため、キーの応答が速いように感じます。 ただ難点としては、不意に少し触れただけで入力されていることがあるということですかね。ただそれ以上に打ち心地が良くなるので別に良いかなと思います。

 

見た目

やはり黒キーに黒文字は見にくいですね。暗闇ではもちろんのこと、明るいところでもなんだか見にくいです。そもそも材質的に光を反射しないような表面になっていますので、光が当たったところで文字が照らされないんですよね。少なくともブラインドタッチができないと使いにくくなるかと思います。ただ、このキーボード自体相当タイピングにこだわっている人が購入するものではあるので、ブラインドタッチが前提としてデザインされているとは思いますね。

【誰でもできる】ブラインドタッチ上達へのカギ6つ

ただ、ブラインドタッチができる人でも数字や細かい記号がなどの位置を感覚で覚えていることは割と少なく、そこら辺の入力は多少もたつきます。数字はいいとして、私も記号はよく間違えてしまうことがありますね。ただ、記号をそこまで高速で入力する必要はないかと思いますので、別に正直そこまで困ってはいないです。

 

耐久性

耐久性についてはまだ使い始めて2か月弱ですので何とも言えないですが、少なくとも現時点では壊れていません。ただ、Real Forceキーボードの耐久性はお墨付きではあるので、もはや私が評価するまでのことではないかと思いますね。耐久性というのは打っても打っても壊れないということだけでなく、汚れたり水をこぼしてしまったりしたときに耐えるのかということも評価基準ではあります。

もちろんワザとではないのですが、私も一度使っているときに水をこぼしてしまったことがあります。いや、水どころかジュース的な厄介系だったかと思いますね。もちろん焦りまして、すぐにパソコンの電源を落としました。そして拭いたりドライヤーを当てたりして、完全に乾かした後にパソコンの電源を付けましたが、無事に壊れることなく使うことができるようになりました。

 

価格

私は31,350円でこのキーボードを購入しました。キーボードとしてはかなり高価な方ではありますが、そこそこタイピングにこだわりがあって、この製品の特長・強味について理解したうえで購入したのでそこまで購入するのに抵抗はありませんでした。やはり今までにかなりの人がレビューしてきた製品になるので、安心感があるんですよね。

そして実際に使ってみて思い通り、どころか思った以上に最高な使い心地だったので、3万円だしたかいがあったと感じております。

また、耐久性が高いうえに、これ以上高品質なキーボードをもう購入することが高確率で無いので、ずっと使い続けていくことを考えると3万円ってむしろ安く感じるんですよね。本当にこのキーボードは壊れるまで使いたいと思います。壊れたらすぐにこのBableTechで報告しますね。

 

購入について

公式サイトなどでも購入することができますが、Amazonや楽天市場などで全く同じものを購入することができる上にポイントがたまったりするのでAmazon等で購入することをお勧めします。

 

 

タイピングといえば、こちらの記事もご覧ください。

タイピングを速くするコツとは?

おすすめタイピング練習サイト

タイピング練習に最適なキーボードを紹介

【楽しくできる】子供のタイピング上達法をご紹介

【誰でもできる】ブラインドタッチ上達へのカギ6つ

正しいパソコン用キーボードの選び方【2021年最新】

 

また、このキーボードで実際に「寿司打」というゲームをしてみたら、そこそこ良いスコアが出ました。

 

 

ミスタイプ数をもう少し減らすことができると思いますし、平均キータイプ数もまだまだ速くすることができる自信があります。目指せ、今年中にランキング10位台に行きたいですね。







アンケート

期限:2021/05/31

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
iPhone 13 Pro最高

Twitter Youtube Instagram