RTX 3000シリーズグラボの性能を紹介!【倍の性能!?】

最終更新日:

先日、ついにNvidiaから新しいGPUシリーズ「RTX 3000」が発表され、パソコンゲーム界が大いに盛り上がってきました。新たにRTX 3090などが追加されたりし、RTX 2000シリーズに比べると進化していることは何となく想像がつくと思います。 ですが実際にRTX 3000シリーズの性能について把握している人はまだそう多くないでしょう。 そこでこの記事では、実際に測定されたRTX 3000シリーズGPUを使ったベンチマークテストの結果を紹介するとともに、RTX 3000シリーズの性能について解説していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • GeForce RTX 3000シリーズGPUではCUDAコア数が大幅に向上し、VRAMやレイトレーシング機能などあらゆる要素が改善された
  • RTX 3080の性能は多くのゲームにてRTX 2080の2倍近くになっていて、RTX 2080 Tiよりも優秀である

RTX 3080の仕様をおさらい

今回紹介していくのはRTX 3080の性能になります。他にもRTX 3000シリーズには様々なGPUが存在するわけですが、ハイエンドの座に居つつ、完全な前身モデルが存在するものとして「RTX 3080」をピックアップしました。

ここでいう前身モデルというのはRTX 2080の事になります。

それではまず最初に、技術仕様については確認していきましょう。

なお、他のモデルについては以下の記事で紹介しています。

【AMPERE】RTX 3000シリーズをモデル別に徹底解説【ついに登場】

 

 RTX 3080RTX 2080
アーキテクチャAmpereTuring
プロセスSamsung 8nmTSMC 12nm
CUDAコア数8,7042,944
ブーストクロック1.71 GHz1.71 GHz
VRAMGDDR6X 10GB , 384bitGDDR6 8GB , 256bit
RTコアGen 2Gen 1
PCI-Express4.03.0
HDMI2.12.0b
Display Port1.4a1.4
最大出力7,680 x 4,3207,680 x 4,320
GPU最高温度93℃88℃
電力320W215W
推奨電源750W650W
補助電源8ピン x 26ピン + 8ピン

 

アーキテクチャについてはAmpereという名前のものになり、TSMCではなくSamsungの8nmプロセス半導体が採用されました。 そしてCUDAコア数については大幅に増量し、一気に1万近くまで増えました。なお、最上位グレードのRTX 3090については1万を超えています。 同じアーキテクチャではないので単純にCUDAコア数の変化を性能の変化として受け取ることはできませんが、それでも何となく、Samsungのより微細なプロセス(8nm)の恩恵を受けていて、それが性能の向上を導いてくれていることがわかります。

ブーストクロックはについては、圧倒的にCUDAコア数が増量しているのにもかかわらず1.71 GHzをキープしているようです。VRAMはメモリの形式がGDDR6からGDDR6Xへと進化し、転送速度が向上しました。また、サイズも2GB増えています。

そしてレイトレーシング機能を担うRTコアについては洗練された、第二世代のものが搭載されています。パソコン本体との通信規格であるPCI-Expressについては第4世代のものをサポートしていて、単純計算で第三世代よりも二倍の転送速度となっています。なお、どうやらPCI-e 4.0は少しオーバースペックらしく、PCI-e 3.0接続でも十分に性能を発揮できるとのことです。これは2019年に登場し、PCI-e 4.0をサポートしたAMDのRDNAアーキテクチャのGPUについても言われていたことになりますね。

そしてHDMIやDisplay Portなどがバージョンアップしています。 また、あまり触れられていませんが、GPUの最大温度が若干上昇しています。

そしてグラフィックボード全体の消費電力は100W以上上昇し、推奨電源の電力も100W程度上昇しました。プロセスルールが微細になったとはいえ、その分がっつりCUDAコアが増量しているので仕方ないことではあります。RTX 3080以上のGPUを利用する時は電源もしっかりしたものの方が良さそうです。

 

 

RTX 3080 vs RTX 2080

それでは続いて、いよいよこの二者の性能を比較していきます。 この度、以下のYoutubeの動画を参考にしました。

 

Youtube「Digital Foundry」より

 

この動画内では実際にRTX 3080のリファレンスモデルが使われていて、CPUは最近登場したばかりのIntelの第10世代Core i9-10900Kとなっています。RTX 3080のパフォーマンスを発揮するには絶好の環境ですね。Intelの第10世代CPUについては以下の記事をご覧ください。

【ついに登場】Intel第10世代デスクトップ向けCPUのすべて【Comet Lake-S】

 

 

ベンチマークテスト中の様子(Youtube「Digital Foundry」より)

 

こちらはQUAKE 2というゲームで、がっつりRTX(レイトレーシング機能)を利用しています。下にリアルタイムにグラフが流れていて、RTX 2080のスコアを100としたときの相対的なRTX 3080のスコアがわかるようになっています。

右上を見てもらってもわかりますが、だいたいRTX 3080の性能はRTX 2080の1.9倍以上となっていて、2倍といっても過言ではありません。しかもそのスコアが安定して出ているので、全体的に進化していると言えるでしょう。他にもあらゆるゲームで検証が行われていて、Borderlands 3では81%程度高くShadow of the Tomb Raiderについては70%近く向上しています。

このような性能の向上がRTX 3070等のモデルにも見られるとは限りませんが、とりあえずRTX 3000シリーズ内での目玉モデルであるRTX 3080については大きな進化を遂げました。RTX 3090については旧 TITAN RTXのような立場に居て、更なる性能の向上が期待できますが、RTX 3080でも十分4Kゲームを快適にプレイできるようになっていると期待されます。

 

参考記事:https://www.extremetech.com/gaming/314627-nvidia-ampere-rtx-gpu-pcie?source=opera







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
志望大学A判定出ましたね。頑張りましょう。

Twitter Youtube Instagram