ARMベースMacBookの性能について解説【Pro仕様?】

最終更新日:

先日行われたWWDCにて、Appleが新しいmacOSと共にApple独自の処理チップを搭載する、通称「ARMベースMac」についても言及しました。

恐らくARMベースの処理チップと言ってもピンと来てない人の方が多いと思います。簡単に言えばiPhoneやiPadと同じ処理装置が搭載されるということになりますが、では一体どれくらいの性能になるのでしょうか?

この記事では予想される性能について解説していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • 2020年内に登場するARM MacBookにはA12Zチップに近いものが搭載される可能性が高い
  • ARM MacBookの予想性能は従来のMacBook Airよりも全体的に高くMacBook Airが廃止されるのも時間の問題かもしれない

ARMベースのMacとは?

性能について解説する前に、そもそもARMベースのMacとは何なんだという話ですよね。こちらについては以前に詳しく紹介する記事を投稿しました。こちらの記事にてその利点等についても触れています。

ARMベースのMacを使うべき人とそうでない人の差【徹底解説】

従来のMacパソコンやMacBookやデスクトップのiMac等を含めてすべてIntel社の処理チップを採用しているわけですが、コスト削減や開発の円滑さなどを求めて、これから2年以内にすべてのMacパソコンにApple独自の処理チップを搭載させるとのことです。つまりMacパソコンにおけるARM移行大作戦ってことですね。

実はARM Macについては意外と前から噂されていたのですが、主に噂されていたのはごく一部の製品についてのみです。具体的には、最近は新モデルが登場していない無印のMacBook(12インチ)に採用されるのではないかと言われていました。 しかしすべてのMacパソコンが移行することが公式に発表されましたので、MacBook ProやMac Proにまでも採用されるということになります。 そのため、一口にARMベースの処理装置と言ってもモデルによって異なる処理装置を採用するでしょう。当たり前ですが、Mac Proに採用する(かもしれない)ARMベースの処理チップはそれなりの性能を保有することになるのです。

そして一番最初に登場するのは恐らく12インチのMacBookで、2020年中に登場します。

そしてこの記事ではその2020年中に登場するARMベースのMacBookの性能について解説していきます。

 

 

ARM MacBookの性能

ここで説明することはあくまでも予想程度の話ですのでご注意ください。

 

CPU性能

 

CPU

CPU(プロセッサ・中央処理装置)とは、コンピュータの「頭脳」と呼ばれているパーツで、主な処理をこの装置で行う。
コンピュータの全体的な処理性能は主にCPUで決まる。

 

まず最初にCPUの性能になります。通常、パソコンの性能というのはこのCPUというパーツで大きく左右されます。あくまでも予想値になりますが、Geekbench v5 マルチコアスコアについては以下のようになっています。

 

 

ゲーム処理等ではシングルコア性能についても比較した方が良いと言われていますが、ここでは比べやすくするために便宜上マルチコア性能を参考にしています。

比較用に2020年のMacBook Air(最小構成:Core i3、最高構成:Core i7)も投入していますがARM MacBook(A12Zチップ)が一歩リードしている感じです。ARMベースのチップとIntelのCPUなので単純に比較することはできませんが、一応Geekbench上ではARMベースのA12Zの方が優秀といった感じでしょうか。

ただしさすがにA12Zチップの性能ではMacBook Proにとっては不足感があるかもしれませんね。でももしも12インチのMacBookに搭載されるのだとしたらMacBook Airが涙目になるでしょう。

 

グラフィック性能

CPU性能に加えて、3Dゲーム等をプレイする時には高いグラフィック性能も必要になってきます。

 

GPU

グラフィック処理装置(GPU・グラフィックス)とは、映像出力を行うための装置で、3Dゲーム等でその性能が特に重要視される。    もっと詳しく

MacBook Pro等については従来通りAMDのRadeonシリーズ等のdGPUが搭載されるかもしれませんが、薄型の12インチMacBook(仮)については確実にSoC内のGPUを利用することになるでしょう。 そういったときに、さすがにARMベースではグラフィック性能は高くできないだろうとも懸念されますが、Geekbench系の「Metal Benchmarks」の結果は以下の通りになっています。

 

Metal

Appleのオペレーティングシステム上でサポートされる、オーバーヘッドの小さいローレベルなコンピュータグラフィックスAPI。
OpenGLとOpenCLに似た機能を一つのAPIに統合している。

 

MacBook Air 2020年モデルについても、前モデル等と比べるとそこそこ進化しましたがARM MacBookについてはそれらをはるかに超えてきました

このスコアが10,000に達していないと最新のゲームを快適にプレイすることは難しくなってきますが、ARM MacBookについてはほぼ10,000となっていますので最新のゲームでも割と快適にプレイできるかもしれません。ただしあくまでもARMベースですので従来のパソコン用3Dゲームがうまい具合に動作するのかはまだ不透明です。 でもこれくらいの差があれば、明らかにMacBook Airよりは高いグラフィック性能を保有していると言えますよね。

つまり、CPU性能、グラフィック性能においても従来のMacBook AirよりもARM MacBookの方が高性能になる可能性が高いということになります。

 

 

MacBook Airの未来

まず最初に12インチのMacBookにA12Zチップ等が採用されて2020年内に登場すると考えられますが、そうなるとMacBook Airの立ち位置が微妙になってしまいます。 独自の処理チップを採用することで、ARM MacBookについてはほぼ確実に従来のMacBook Airよりも低コストで生産できるようになるでしょう。それでいてMacBook Airよりも高性能、かつコンパクトであるかもしれないのですから、本当にMacBook Airの意味が無くなります

というか現時点でA12Zチップを採用しているiPad Proが存在しているわけで、もうすでにMacBook Airが性能で負けている状況ですが、今はまだMacBook Airには「macOS」が搭載されているということで立場が確立できています。

その状況でA12Zチップを搭載し、かつmacOSを搭載した薄型のノートパソコンが新たに登場するのですから、高い確率でMacBook Airは廃止されるでしょう。というか最近MacBook Pro 13インチモデルがかなり薄型・軽量化しつつあるので仮にARM MacBookが登場しなくてもMacBook Airについてはもうじき廃止されるだろうと思っています。

つまり12インチMacBookと、13 / 16インチMacBook Proの二大体制になる可能性が考えられるということですね。あくまでも憶測です。







アンケート

期限:2020/07/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

brave-sapporo-広告

JUNKI

Babu
受験勉強せねば

Twitter Youtube Instagram