Intel第10世代Cometlake-S & 400番台チップセットについて整理してみる | BableTech

処理装置

Intel第10世代Cometlake-S & 400番台チップセットについて整理してみる

投稿日:2019年9月16日 更新日:

Intelの第10世代CoreプロセッサはIcelakeだったりCometlakeだったりいろいろややこしくなっていますが、とりあえずデスクトップ向けとして使われるのはCometlakeのみだと言われています。そこでこの記事では、デスクトップ向け第10世代CPU「Cometlake-S」と、それに対応した新しいチップセット「400シリーズ」についてもう一度整理していきます。

この記事を1文で説明すると

  • 第十世代デスクトップ向けCPU「Cometlake-S」ではLGA 1200ソケットに変わり、400シリーズチップセットをサポートする。
スポンサーリンク

Cometlake-Sの特徴

Cometlake-Sについては過去の以下のような記事を投稿しました。

もはや10コアCPUはあたりまえに? Intel Cometlake-Sを解説【第10世代CPU】

 

この記事では第10世代「Cometlake-S」CPUについて漠然と紹介していきましたが、一旦整理して詳しくお伝えします。

 

 

Cometlake-SとCoffeelake-S Refresh(第9世代デスクトップ向けCPU)を比較

 

比較項目Coffeelake-S RefreshCometlake-S
対応ソケットLGA 1151LGA 1200
対応チップセット300番台400番台
最大コア/スレッド数8/16(Corei9)10/20(Corei9)
対応メモリDDR4DDR4
TDPの幅35W〜95W35W〜120W
プロセス14nm ++14nm ++

 

それぞれの世代の特徴を以上のようにまとめてみました。

一番注目するべき点は、対応ソケットがLGA 1155からLGA 1200に変更されたことです。

IntelのCoreシリーズCPUといえば、第6世代、つまり2015年くらいからずっとLGA 1155ソケットを用いています。LGA 1155のソケットに対応しているすべてのCPUに互換性があるわけではありませんが、いつまでも1155を抜けられない感じがしてそろそろ飽きてきましたよね…笑

 

ただし、物理的な回路プロセスの細かさについては同じで、14nmのままです。

そして対応チップセットについては300番台から400番台へと変更されています。

ソケットが変更されるとあらゆる環境が変更されることになります。

そしてこの400番台チップセットについては後ほど詳しく説明していきます。

 

そしてもう一つ注目するべき点が、最大コア数/スレッド数が10/20になったことです。もちろん最大というくらいですから、それはCorei9であることを意味しますが、全世代の8コア16スレッドに比べると少々増加しています。

これはあくまで個人的な意見ですが、AMD製のCPUのコア数が増加した時よりも、Intel製のCPUのコア数が増加した時の方がパフォーマンスの増加具合が大きいと思います。Intelは1コアあたりの性能が高いため、コア数が増えることはかなりの性能上昇を示唆するのです。

だたし、プロセスは変更されず、14nmのままであるためコア数が増えると消費電力の増加にも繋がります。

ということでCometlake-SではTDPが最大120Wとなっています。

Core-Xシリーズやサーバー向けCPUなど一部のCPUではかつてTDP130Wという製品もあったのですが、メインストリームCPUで120Wというのは初めてかもしれません。おそらくCorei9 10900KというCPUがTDP 130Wなのでしょう。

関連記事:第10世代IntelCPU「Comet Lake」のラインナップ解説

 

そして、これは14nmプロセスで10コア20スレッドを実現する限界が近づいてきていることを暗に示しています

 

ちなみにTDPが一番低いモデルは全世代と変わらず35Wとなっています。35Wというと、もはやモバイル向けCPUの「Uシリーズ」とに近いTDPになります。このようなCPUは、かなりコンパクトなデスクトップパソコンに採用され、「Tシリーズ」となるでしょう。

 

そしてCometlake-Sでは全世代と比べて少なくとも10%以上の性能上昇は期待できます。でも、アーキテクチャが大幅に変更されたわけでもないのでそこまでの性能上昇は期待しない方が良さそうです。

おそらくCorei9 10900Kなんかはゲーミング性能がトップになり、Corei9 9900KSといい勝負をすることでしょう。そして、AMDの第3世代RyzenCPUよりもゲーミング性能については、有利になりそうです。

 

関連記事:本気でゲーミング性能を追求した「Corei9 9900KS」の実態

結局Ryzen3世代、なにが変わったのか?

 

 

新「400番台チップセット」の概要

続いては、Cometlake-Sプロセッサに対応する「Intel 400番台チップセット」についてです。

 

実はこの400番台チップセットについても過去に記事を投稿しています。

Intelから「400番台チップセット」が登場?

 

今回はもう少し整理して紹介していきます。

 

300シリーズと400シリーズの比較

 

比較項目300シリーズ400シリーズ
PCI-eリビジョン3.03.0
SATAバージョン3.03.0
USB3.1 gen23.1gen2
統合Wi-Fi802-11 ac(6.9Gbps)802-11 ax(9.6Gbps)
統合ThunderboltなしThunderbolt 3
対応CPU8,9世代10世代Cometlake

 

上のような表にまとめてみました。

AMDの新第3世代RyzenCPUがPCI-e4.0に対応しているということで、Intelも次の世代で対応するのかと考えられていましたが、どうやらまだ先のことになるようです。

400シリーズは3.0までしか対応していません

ただし、PCI-eが本当に必要なのかどうか問題は浮上しています。

PCI-express 4.0は必要なのか?

 

そしてSATAについては3のままです。SATAについてはよくわかりませんが、バージョン4が出るとしても相当先のことになりそうです。

まずHDDを接続する際にはSATA 3で十分すぎますから。

 

そしてUSBについては3.1Gen2のままです。3.1Gen2x2という規格も発表されていますがそれには対応していないようです。

USB 3.2とは? 3.1との違いは何か【徹底解説】

 

そして統合されるWi-FiについてはIEEE 802-11acからaxに進化しています

最大転送速度が1.5倍程度になっていて、デスクトップ向けチップセットでもWi-Fiが重要視されてきていることがわかります。

そしてThunderbolt 3が統合されました。なのでUSB Type-C端子によってUSB 3.1とThunderbolt 3を一つの端子で使えるようになるでしょう。

これはUSB 4への準備でもあり、USB 4に対応するチップセットが開発されたら完全にThunderbolt 3と統合することになります。

関連記事:絶対に知っておくべき、USB 4のすべて

USB Type-Cでできるようになったこと

 

そして対応CPUについては10世代Coreシリーズとなります。

プロセスは同じですが、対応ソケットは変更されており第9世代CPUとの互換性は全くありません。

 

400シリーズチップセットのラインナップ

現在確認されているラインナップは

H410 , Q470 , Z490 , W480です。

H410は廉価版のマザーボードに採用され、Z490はオーバークロックが可能なハイエンドマザーボードに採用されます。

そしてQ470とW480については組み込みデバイス向けとのことです。

 

 

-処理装置


あわせて読みたい






コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA