【AMD Radeon】次世代のGalaxyスマホはもはやゲーミングPCになるという話

最終更新日:

近年パソコンの進化も順調に進んではいますが、一方でスマートデバイスは急成長しています。

2020年に発表されたAppleのiPad Proは同社のMacBook Pro 13インチモデルに迫る性能を保有していて、単純な性能比較ではMacBook Airを上回っているとのことです。このようにスマートデバイスがパソコンの性能を上回りつつある世の中ですが、そんな中でSamsungの次世代GalaxyスマートフォンがもはやゲーミングPCになるかもしれないという話が出ています。

この記事では詳しく説明していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • AMDRDNA世代Radeon GPUを内蔵したGalaxyスマートフォン2021年中に登場するかもしれない
  • Galaxy S20シリーズの二倍を超えパソコン用GPUに迫るゲーム性能を保有することが期待される

次世代GalaxyスマホのGPUとは?

パソコンにおいてもスマートフォンにおいても、「ゲーミング仕様」の称号が与えられるためにはしっかりとしたGPU(グラフィック処理装置)を保有することが必須になってきます。

 

GPU

グラフィック処理装置(GPU・グラフィックス)とは、映像出力を行うための装置で、3Dゲーム等でその性能が特に重要視される。    もっと詳しく

そしてこの記事で「次世代のGalaxyスマートフォンはゲーミングPCになる」と説明したということはつまり、次世代のGalaxyスマートフォンのGPUがかなり高性能なものになるということです。

では一体どのようなGPUが搭載されるのでしょうか?

 

AMD Radeon GPU

まだ噂程度の話ではあるのですが、次世代のGalaxyスマートフォンにはAMD社のRadeonシリーズGPUが搭載されると言われています。というよりはSamsungとAMDが提携したことでSamsungがRadeon GPUを搭載した何らかのチップを製造することが予測できますので、それがSamsungのフラッグシップである「Galaxyシリーズスマートフォン」に搭載されるだろうという話です。ちなみにそのチップというのが最初は「Exynos 1000」になるかもしれないとのことです。ExynosはSamsungの独自チップで、一部のGalaxyスマートフォンに搭載されてきました。

 

そして搭載されると考えられているのはRadeonシリーズの中でも、最新のTSMC 7nmプロセスルールアーキテクチャを用いたRDNA世代のNavi GPUになると考えられています。RDNA世代のGPUといえば「RX 5700 XT」などのゲーミングパソコン用のGPUや、PS5のGPUMicrosoft Xbox Series X / SのGPUなどがあります。

しかしスマートフォンのような小型デバイスへの導入は今のところ確認されていません。そしてこのRDNA世代のGPUがあの極小のスマートフォンの中に格納されるかもしれないということです。だからGalaxyスマホがゲーミングスマホになるというよりは、もはやゲーミングPCになるというイメージですね。PCではないので日本語がおかしいですが。

 

問題点

Radeon GPUはスマートフォンをターゲットにしているわけではないので、そのままスマートフォンに搭載してもまともに動作しないでしょう。既にベンチマークがリークしているようなのである程度の問題点は乗り越えたのかもしれませんが、まず第一に電力問題があるでしょう。

スマートフォンに搭載されているチップはパソコンのそれよりも圧倒的に小型で、低発熱、低電力で動作します。それに合わせてコア数を減らせば良いだけかもしれませんが、単にコア数を減らすだけでは電力効率が悪くなってしまうかもしれません。そのためスマートフォン用に新たに設計しなおす必要があります。おそらくPS5などのゲームコンソール向けに再設計したときよりも高度な設計が必要になるでしょう。

 

 

性能

そしてこの記事を今作っているのは、この度実際にRadeon GPUを搭載しているとみられるチップのベンチマークがリークしたためです。ではそちらを紹介していきます。

 

GFX Bench

今回性能リークしたベンチマークはGFX Benchのものです。GFX Benchはクロスプラットフォーム仕様となっていて、厳密に比較できるかはわかりませんがスマートフォンとパソコンを比べることもできます

 

Aztec Normal

まず最初はAztecというテストのNormal部門です。

 

 

この数値は平均フレームレートを表していて、性能値と同等です。

 

フレームレート

動画において、単位時間(1秒)あたりに処理されるフレーム、すなわち「コマ」の数を示す、頻度の数値。通常、単位は「fps (frames per second)」

Galaxy S20シリーズなどに搭載された「Snapdragon 865」「Adreno 650 GPU」(左から二番目)と比較するとその差は歴然としています。 また、ASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone II」などに搭載された「Snapdragon 855 Plus」「Adreno 640(高クロック版)」と比較しても三倍程度の性能を発揮しています。

そして最新のパソコンゲームを快適にプレイしたいなら最低でも欲しい「GTX 1650」と比較してみると、勝ってはいないもののぼろ負けしている印象ではありません。この性能が極小のチップ上で実現できているのだから非常に優秀といえます。

 

Aztec High

続いてはHigh部門です。こちらの方が品質が高いのでより高い処理性能が必要となります。

 

 

こちらについても似たような差が出ていますね。重ための処理でも失速を起こすことなくうまく動作しています。

 

 

搭載されるモデル

最初から次世代Galaxyスマートフォンと言っていましたが、具体的には「Galaxys S30シリーズ」で早くも導入されるのではないかと言われています。

あるいはGalaxy S21というモデル名になる可能性もあります。いずれにせよ、2021年中に登場する可能性は大です。

スマートフォンゲームでそこまで重たいものは無いと思いますが、きっとゲーム以外の何らかの処理でも活躍するのでしょう。もしかするとAR / VR系の処理を得意とするようになるのかもしれませんし、スマートフォンにしてハードウェア単位でのリアルタイムレイトレーシングをサポートするのかもしれません。

Galaxy S30シリーズの特徴については以下の記事をご覧ください。

Samsung Galaxy S30シリーズの情報【1.5億画素カメラ?】







アンケート

期限:2020/06/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
受験に向けて2,3日に1投稿にします

Twitter Youtube Instagram