34,800円のiPad 2019年モデルを1ヶ月使って感じた14のこと【長期レビュー】

最終更新日:

以前何度かこのブログでも紹介しましたが、私は2019年モデルのiPadを34,800円で購入しました。

iPad 第7世代(2019年モデル)速攻レビュー

 

そして9月29日に届きましたが、あれからもう一ヶ月ほど経ったということで長期使ってみてのレビューを紹介していきます。

 

この記事を一言で説明すると

  • iPad 2019年モデル最小構成(34,800円)、買って良かった

本体について

私が購入したiPad 2019年モデル

そもそも私はiPadを買うの自体初めてなので、この世代のiPadに限らない感想も入っているとは思いますが、単に「iPadのレビュー」としてご覧ください。

 

 

1、スピーカーの迫力があまりない

まず最初にしみじみと感じたのは「スピーカーの迫力のなさ」です。

10インチを超える画面でそこそこ解像度が高いので手軽に映画を見るのにも最適だと思っていましたが、どうやら映画を楽しめるほどスピーカーの迫力はないようです。

イヤホン等をつければいいですが、やはりせっかくだからスピーカーで楽しみたいもの。友達が持っているiPad Proの最新モデルと比較するとその差は一目瞭然でした。

正直言ってそこらへんのスマートフォンより少し低音が響くかなくらいの音質です。迫力を感じるほどではありませんでした。でもYoutubeを見たいだけなら普通に使えるレベルではありますね。

 

2、結構熱くなる

これも長期使ってて感じたことなのですが、ケースをつけずに動画を見たりすると本体が気になるくらい熱く感じました。これはこの世代のiPadに限ったことではないと思いますが、ケースをつけたほうが良さそうです。背面がメタリックだから余計に熱さを感じるのかもしれません。

 

3、画面まで遠い問題はあまり気にならない

無印iPadはiPad AirやiPad miniと比べると表面から液晶までの距離が多少長いです。

若干遠いのがわかる画像

かなり細かい部分ですが、こういうのを気にする人もいるとは思いますので一応感想を言っておくと、全く気にならないです。

私がiPad Airとかを使ってないからそう感じるのかもしれませんが、普通に使っている分には画面まで遠い問題は全く気にならないです。それよりも、Retinaディスプレイの恩恵がかなりあって、映像がむちゃくちゃ綺麗に見えます。

 

4、Apple Pencilと相性があまりよくないかも

このiPadは一応第1世代Apple Pencilをサポートしていますが、この記事でも説明したように、このiPadでApple Pencilを使うのはあまりおすすめできないかもしれません。

2019年のiPadを買った私がApple Pencilの代わりに使っている物【激安】

 

というのも、多少画面まで遠い問題をはじめとし、処理性能が若干低いためペンの追従性があまりよくないみたいです。私は買ってないのでわかりませんが、せっかく安く本体を買ったのに1万円もかけてApple Pencilを買ってしまうのはちょっと違うかなと思います。

 

5、やっぱりカメラはおまけ程度

 

修学旅行でバスから撮影した写真
ホテルから撮影した写真

どちらもこのiPadで撮影した写真になりますが、正直カメラはおまけ程度です。

フロントカメラは一応800万画素となっているのでプリントを写真で撮ったときに文字とかはくっきりみえるのですが、このカメラだと夜景は少し難しいかなと思います。

私にとっては結構綺麗に感じますが、おそらくiPhoneに比べるとかなりカメラ性能は低いでしょう。iPadをメインカメラとして使う人はいないと思いますが…

 

6、バッテリーの持ちは良いけど、急速充電じゃないと充電できない

このiPadには8,000mAhより大きい容量のバッテリーが搭載されていて、普通のスマートフォンの2倍くらいはあるのでバッテリーの持ちはそこそこいいです。

1日で使い切るのは難しいくらいのバッテリー容量だと思います。

ただ、これはこの世代のiPadに限った話ではないのですが、充電は通常の急速充電(10W)以上の電力でないとできません

事前に調べてなかった私が悪いのですが、パソコンのUSBポート等から充電できないことを知って結構衝撃的でした。

また、私が持っている急速充電対応のモバイルバッテリーを繋いでもなぜかそこまでしっかりと充電できませんでした。やはりコンセントから充電するのが基本ということを頭に入れておいたほうが良さそうです。

 

7、やはりWi-Fiモデルでよかったと実感

このiPadはオプションでSIMカードをさしてモバイルネットワークを利用することができるCellularモデルもあるのですが、私は1.5万円くらいやすい「Wi-Fi」モデルを選びました。

そのため外ではモバイルネットワークに繋ぐことはできないのですが、私が使っているスマートフォンでテザリングをすればインターネットに繋ぐことができます

普通に考えてiPadを持っているときは常にスマートフォンを持っているので、常にインターネットに繋がる感じです。

SIMカードを搭載していないので電話番号はないし電話もできませんが、私はWi-Fiモデルで良かったと思っています。

あと、Wi-FiモデルにはGPSセンサがついていませんが、それでもインターネットを使ってある程度の位置情報を取得することができますし、スマートフォンからテザリングをすればもっと細かい位置情報を得ることができていました。

マップもそこそこの精度で動かすことができていました。

 

8、パソコンとして使うのは少し難しい

このiPadは前世代と比べると多少画面サイズが大きくなっているので、よりノートパソコンのように使えるようになるかと思われましたが、案外難しいです。

普通にパソコン表示でブラウザを開くと字が小さくて見にくいですし、ブログの記事作成もできたものではありません。

というか、ブログの記事作成についてはWordPressをiPadで開くと何かと不具合が起きたりしてあまりまともにできないです。

 

ただ、iPadではパソコンと違っていろいろなアプリを入れることができるので、そういったアプリを活用すればパソコンよりも使いやすくなると思います。

例えばブログの記事を作るにしても、何種類かのアプリを併用することでWebで作っているときよりも効率的に作れるのではないかと思います。

 

9、片手操作はきつい、長時間持つのは結構辛い

最初はかなり軽いと思ってずっと片手で操作していたのですが、ケースをつけるようになったことも関係ありますが、片手で操作するのは少々きついと思うようになりました。

おそらく片手での操作は30分も持たないと思います。でも両手を使えばかなり軽く感じて、かなり操作がしやすいです。

 

10、イヤホンジャックがあるのはありがたいが、ケースによっては入らないことも

iPadにはiPhoneと違ってイヤホンジャックがついています。

ですが私が購入したケースをつけて、私のイヤホンを挿そうとするとうまく挿さりませんでした。

イヤホンが奥まで挿さらない

イヤホンジャックを多用したい人は細めのイヤホン、あるいはイヤホンジャックの穴が広くなっているケースを用意しておくべきです。

 

11、32GBストレージで十分

私はこのiPadを最小構成の34,800円で入手するためにストレージは32GBを洗濯しましたが、これで十分だと思っています。

そもそもiPadであまり写真をとることはないので写真等では容量はいっぱいになりませんし、アプリを数十個入れたところでそこまでストレージはいっぱいになりません。

オフラインで映画を鑑賞するために映画をダウンロードする人はいるかもしれませんが、32GBもストレージがあれば映画5本くらいは普通にダウンロードできると思います。

使い方にもよりますが、スマートフォンの補助的な使い方をするならば32GBで十分かと思います。

 

 

iPad OSについて

iPad OSに関係のある感想です。

 

1、ソフトウェアキーボードだけでも十分使いやすくなった

 

上の映像はこのiPadを横にしてソフトウェアキーボードでタイピングしている映像です。

前世代に比べると多少画面サイズが大きくなっているので、より使いやすくなりました。また、iPad OSで新たに追加された様々なソフトウェアキーボードテクニックを使うことによって下手したらパソコンよりも快適にタイピングすることができるようになってきているかもしれません。

このテクニックについては後日紹介したいと思います。

 

2、マルチタスクは便利だが、習得が難しい、というかバグが多い

iPad OSでマルチタスクが非常に便利になりましたが、そもそもマルチタスクの機能を使いこなすのはかなり難しいと思います。

マルチタスクとして出しておいたウィンドウが突然消えたりして、最初はわけわからないです。

 

というかそもそもiPad OSの、マルチタスクに関する不具合が多すぎてあまりまともに使えません。13.1.3になってからまだ改善されたかもしれませんが、それでもまだDockのアプリがタップできないなどの不具合はたくさんあります。マルチタスクは関係ありませんが、たまにソフトウェアキーボードが全く出なくなります。

ここら辺は早く改善してほしいところです。

 

3、Apple TV+が始まるけど楽しめるのかな?

11月からApple TV+がサービス開始となりますが、このiPadを購入すれば1年間無料で視聴することができるそうです。

何が観れるのかはあまり把握していませんが、スピーカー的にも、そこまで楽しめそうではないですね。

ただ手軽にいろんな動画を観れるという点ではかなり優秀になるのではないでしょうか。

こちらについても11月以降にレビューしていきます。

 

 

買って良かった?

最後に買って良かったかについてですが、

買って良かったと思います。

一応私高校二年生なので34,800円でもかなり高く感じる買い物です。でもこのiPadを使っていると安かったと感じますし、買って良かったと感じます。

なにより、パソコンとスマートフォンの中間的な存在ができて非常に生活が便利になりました

動画を視聴するときは寝っ転がりながら大画面で観れますし、人にも観せやすいです。それに、私自身iOS系に触れたことはなかったので、ブログのネタが増えてとても嬉しいです。

これからiPadに関する様々な情報を発信していこうと思います。

関連記事:iPad 2019年モデル用のケースを購入したので紹介してみる【シンプルで安くて使いやすい】

2019年のiPadを買った私がApple Pencilの代わりに使っている物【激安】

第7世代iPadと第6世代iPadを比較してみる【2019年モデル】

 

購入はこちら↓

 

Apple iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fiモデル 32GB 2019年モデル







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

Weini_Sleep広告

Weini_Sleep
JUNKI

Babu
ブログ運営はおおむね、「外部経済」で成り立っているのはご存じですか?

Twitter Youtube Instagram