Intel 90番台チップセットまとめ

最終更新日:

今回はIntel社の90番台チップセットです。通称「Intel 9 Series」です。主に第四・五世代のCoreiシリーズをサポートします。

Intel 9 Series 開発コード名: Lynx Point / Wellsburg

ChipsetZ97H97X99
TDP4.1W4.1W4.1W
CPUグラフィックYesYesNo
PCI-e レーン最大数888

プロセッサ

PCI-e構成

1×16,2×8

1×8 & 2×4

1×16

1×16

USBリビジョン

3.0

2.0

3.0

2.0

3.0

2.0

USB3.06

6

6

SATAポート数6

6

10

SATA3の数6

6

6

 

今回のラインアップはこのようになっています。一応Intelとしては第5世代Coreiシリーズ「Broadwell」対応を謳っていたのですが、第四世代Haswellで用いられることが多々ありました。HaswellRefreshです

8 Seriesとは違い、M.2 SSD等にも対応しました。主に使われたのはZ97チップセットでCorei7 4790等に使われていきました。

X99チップセットはX79チップセットの後継で、ワークステーション用となっています。対応CPUとしてはLGA 2011-3ソケットのCPUで、E5 v3シリーズなどがあげられます。こちらの開発コードは「wellsburg」となっていますが、HaswellBroadwellと何か関係があるかもしれませんね。

ワークステーションにだけでなく、ゲーミング用ハイエンドマザーボード等に用いられることもありました。

 

製品例

 

https://jp.msi.com/Motherboard/Z97-GAMING-7.html

(MSI Z97 GAMING 7)

  • LGA 1150第四世代および第五世代インテル® Core™ i7 / i5 / i3シリーズ、Pentium® 及びCeleron® シリーズプロセッサ対応
  • DDR3-3300 (OC) メモリ対応
  • M.2 + USB 3.0 + SATA 6Gb/s対応
  • 真の高音質をお届けする『Audio Boost 2』
  • ゲームで威力を発揮する『Killer® 2200』LANチップ搭載
  • 安定した5Vを供給する『USBオーディオパワー』
  • 『XSplit Gamecaster』を使ってゲーミングスキールを世界に配信する
  • 完璧な回路保護と省電力を実現する『Guard-Pro』
  • 『OCジニー4』で誰でも簡単パフォーマンスアップ
  • 簡単にフレームレートを上げる『Gaming App』
  • グラフィカルで明快な画面、マウスも利用可能な『クリックBIOS 4』
  • NVIDIA® SLI™およびAMD CrossFire™Xに対応
  • リアルな音場と聞き易いサウンド環境を提供する『Sound Blaster Cinema 2』搭載
  • 頻繁な抜き差しにもびくともしない耐久性を実現する『ゲーミング・デバイス・ポート』

(MSI公式ホームページより)







アンケート

期限:2020/07/15

こちらの記事に興味があるかもしれません

処理装置

Intel 200番台チップセットまとめ

この記事からの流出スコア:33点

処理装置

Intel 80番台チップセットまとめ

この記事からの流出スコア:11点

処理装置

Intel Tigerlake CPUを発見?

この記事からの流出スコア:8点

処理装置

Intel 100番台チップセットまとめ

この記事からの流出スコア:6点

パソコン

パソコンの寿命はどれくらいなのか【徹底解説】

この記事からの流出スコア:3点


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

brave-sapporo-広告

JUNKI

Babu
受験勉強せねば

Twitter Youtube Instagram