Intel 50番台チップセットまとめ

最終更新日:

今回はIntel社の40番台チップセット、通称「Intel 5 Series」のまとめです。 今回からいよいよIntel製品「Coreiシリーズ」対応チップセットとなってきます。

Intel 5 Series 開発コード名:Tylersburg/Ibex Peak

ChipsetX58P55H57H55Q57
TDP24.1W4.7W5.2W5.2W5.1W
CPUグラフィックNoNoYesYesYes
PCI-e レーン最大数368868
PCI-e リビジョン1.12.02.02.02.0
PCI-e構成4×8,1×4

x1,x2,x4

x1,x2,x4

x1,x2,x4x1,x2,x4
USBリビジョンNo

2.0

2.0

2.02.0
USBポート数No

14

14

1214
SATAポート数No

6

6

66

 

今回からいよいよCorei系CPU対応のチップセットになります。Coreiシリーズからノースブリッジであるメモリコントローラハブが取り外され、それらはCPU側に統合されました。しかし、開発コードが一つだけ「Tylersburg」である「X58チップセット」だけは従来通りノースブリッジをもちます。また、PCI-eのリビジョンも1.1のままとなっています。

X58は「X」シリーズであるため、位置づけとしては「ハイエンドチップセット」になり、ワークステーション等に用いられました。対応するCPUはソケットLGA1366の「Xeon」や「Corei7」などがありました。(ほかのチップセットの対応ソケットは主にLGA1156となっております)

さらに、PCI-eレーン数が36レーンとという強みがありました。

他の、「IbexPeak」世代のチップセットについては、PCI-e 2.0対応となっています。ですが、PCI-eでも、速度は2.5GT/sであるため、実質的な速度としては1.1と同じです。

対応CPUとしては、CoreiシリーズのNehalem世代となっています。巷では新世代と呼ばれたりしています。

記念すべき第一世代目のCoreiシリーズですが、Nehalem世代のCPUの性能は思うように高くはなりませんでした。

 

製品例

 

 

(MSI H55M-P33)

https://jp.msi.com/Motherboard/H55MP33/Overview







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
iPhone 12 Proのグラファイトを購入しました。主にブログ収入で

Twitter Youtube Instagram