Intel 300番台チップセットまとめ

最終更新日:

今回はIntel社の300番台チップセットです。通称「Intel 300 Series」です。主に第八世代、それから第九世代のCoreiシリーズをサポートします。

Intel 300 Series 開発コード名: Coffee Lake

ChipsetZ390Z370H370B360H310Q370
TDP6W6W6W6W6W6W
PCI-e レーン最大数24242012624

プロセッサ

PCI-e構成

1×16,2×8

1×8 & 2×4

1×16,2×8

1×8 & 2×4

1×16

1 x 16

1 x 16

1×16,2×8

1×8 & 2×4

USBリビジョン

3.1

2.0

3.0

2.0

3.1

2.0

3.1

2.0

3.0

2.0

3.1

2.0

USB3.1構成

Gen2 x 6

Gen1 x 10

Gen1 x 10

Gen2 x 4

Gen1 x 8

Gen2 x 4

Gen1 x 6

Gen1 x 4

Gen2 x 6

Gen1 x 10

SATA3の数6

6

6

6

6

6

 

Chipsetモバイル向けHM370QM370
TDP 3W3W
PCI-e レーン最大数 1620

PCI-e構成

 

x1,x2,x4

x1,x2,x4

USBリビジョン 

3.1

2.0

3.1

2.0

USB3.1構成 

Gen2 x 4

Gen1 x 8

Gen2 x 6

Gen1 x 10

SATA3の数 

4

4

 

このようにまとめてみました。今回はいよいよ300番台のチップセットになります。主にLGA1151ソケットのCPUに対応しますが、Kabylake,SkyLakeCPUには対応しません

Zシリーズは二つあり、Q370チップセットと合わせて3シリーズがx16レーン二分割に対応しました。

PCI-eの最大レーン数も増えていき、M.2 SSDも広く使われるようになりました。

また、USB3.1Gen2をネイティブサポートし始めました。ちなみにUSB3.1Gen1はUSB3.0のリネーム版なので性能は変わりません。

そしてローエンド版H310チップセットはPCI-e Gen3に対応しておらず、ゲーミングPCにはあまり向いてない仕様になっています。また、USB3.1 Gen2をネイティブサポートしていません。

 

製品例

 

 







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
ちなみに私は富岡義勇推しですよ

Twitter Youtube Instagram