Intel 200番台チップセットまとめ

最終更新日:

今回はIntel社の200番台チップセットです。通称「Intel 200 Series」です。主に第七世代のCoreiシリーズをサポートします。

Intel 200 Series 開発コード名: Kaby Lake

ChipsetZ270H270B250Q270Q250X299
TDP6W6W6W6W6W6W
PCI-e レーン最大数242012241424

プロセッサ

PCI-e構成

1×16,2×8

1×8 & 2×4

1×16

1×16

1×16,2×8

1×8 & 2×4

1×16,2×8

1×8 & 2×4

x1

x2

x4

USBリビジョン

3.0

2.0

3.0

2.0

3.0

2.0

3.0

2.0

3.0

2.0

3.0

2.0

USB3.010

8

6

10

8

10

SATA3の数6

6

6

6

6

8

ラインアップはこのようになっています。

全体的にPCI-eレーンの最大数が増えている感じですね。Z270はZ付きハイエンドマザーボード用で、オーバークロックをサポートしました。そしてPCIeは驚異の24レーンで、従来通りx8レーン二つ分に分割することができるので、SLIやCrossfiraに対応していきました。

また、M.2ストレージを3台サポートしました。(3つソケットがあるマザーボードはほとんどないと思います)

廉価版B250チップセットでもPCIeを12レーンサポートし、M.2ストレージを1台サポートしました。そしてX付モデルの「X299」はX99の後継となります。主にワークステーション用となりますね。 こちらはLGA2066のSkyLake-X,Kaby Lake-Xをサポートします。 X99時代ではLGA2011-3ソケットが使われていました。

 

製品例

 

 







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません

処理装置

Intel 300番台チップセットまとめ

この記事からの流出スコア:72点

処理装置

LGAソケットXeon性能比較表【2020年最新】

この記事からの流出スコア:61点

処理装置

Ryzen5 4500Uは発売される?

この記事からの流出スコア:56点

処理装置

Intel 100番台チップセットまとめ

この記事からの流出スコア:45点

コンピュータノウハウ

Windows10 Cドライブ容量不足解消法

この記事からの流出スコア:39点


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
ちなみに私は富岡義勇推しですよ

Twitter Youtube Instagram