【もはやGTX1650】次世代モバイル向けGPU「MX450」の情報

最終更新日:

グラフィックボードで有名な「Nvidia」ですが、Nvidiaのゲーム用グラフィックボードと言ったらやはり「GeForce GTXシリーズ」が出てくると思います。

ですがGTXシリーズは非常に消費電力が高く、通常のノートパソコンには向きません。そこでモバイル向けGPUとして「GeForce MXシリーズ」というシリーズが存在します。

そしてこの度、GeForce MXシリーズの新しいモデル「MX 450」等の製品情報が入りましたので紹介していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • GeForce MXシリーズはGTXシリーズと同じアーキテクチャを採用するモバイル向けの省電力GPU
  • MX 450GTX 1650と同じアーキテクチャを採用し、その性能はGTX 1050 Ti程度になるかもしれない

GeForce MX 400シリーズの特徴

まずは特徴についてです。

 

そもそもMXシリーズとは?

先ほども少し説明しましたが、GeForce MXシリーズというのはNvidiaのモバイル向けGPUシリーズになります。といってもIntel製CPUの内臓グラフィックスのように性能が抑えられているわけではなく、「X」が付いているだけあって非常に高い性能を発揮します。

 

GTXシリーズのアーキテクチャを採用

しかしGTXシリーズに比べて消費電力が低いというのがMXシリーズの特徴になりますが、ではなぜ消費電力が低いのに性能が高いのでしょうか?

それはNvidiaのゲーミングシリーズ「GTX」と同等のアーキテクチャを採用しているためです。

つまりMXシリーズはGTXシリーズと同じ技術を用いて、モバイル向けによりコンパクトに設計したGPUシリーズになります。 そしてこの記事で扱っている「MX 400シリーズ」についてはRTX 2000シリーズでも採用された「Turingアーキテクチャ」がベースとなっています。そのためモバイル向けと言いつつもゲーミングを名乗れるくらいの性能は発揮できます。

 

GTXシリーズとは別

実はモバイル向けのGTXシリーズというものも存在しますが、あれは消費電力が比較的高く、本格的なゲーミングノートPC用のものになっています。

そしてMXシリーズが搭載してあれば本格的とまではいかないけど、ライトゲーミングPC的な位置づけを獲得することができます。

 

 

 

ラインナップ

それではMX 400シリーズの特徴について説明したところで予想されているGeForce MX 400シリーズのラインナップについて解説していきます。

 

モデル名アーキテクチャCUDAコア数クロック数メモリTDP
GeForce MX 450?Turing TU117768-896?540 – ??? MHz10 Gbps GDDR625W
GeForce MX 430?Turing TU117768-896???? – ??? MHz10 Gbps GDDR6
7 Gbps GDDR5
25W
GeForce MX 350Pascal GP1076401354-1468 MHz7 Gbps GDDR525W
GeForce MX 350Pascal GP107640746-937 MHz7 Gbps GDDR515W
GeForce MX 330Pascal GP1083841531-1594 MHz6/7 Gbps GDDR525W
GeForce MX 310Pascal GP1082561341-1379 MHz6/7 Gbps GDDR525W
GeForce MX 250Pascal GP1083841518-1582 MHz6/7 Gbps GDDR525W
GeForce MX 250Pascal GP108384937-1038 MHz6 Gbps GDDR510.5W
GeForce MX 230Pascal GP1082561518-1531 MHz6/7 Gbps GDDR525W
GeForce MX 150Pascal GP1083841468-1531 MHz6 Gbps GDDR525W
GeForce MX 150Pascal GP108384937-1038 MHz5 Gbps GDDR510W
GeForce MX 130Maxwell GM1083841122-1242 MHz6 Gbps GDDR525W
GeForce MX 110Maxwell GM108256963-993 MHz1.8 Gbps DDR310W

 

ここではついでに以前のMX 100シリーズ200シリーズ300シリーズを投入しています。

そして400シリーズについては現在MX 430MX 450の二種類が噂されていて、いずれもTuring TU117という名前のアーキテクチャを使用します。

実はこのアーキテクチャはGTX 1650に採用されたもので、レイトレーシング専用のコアは搭載しないもののRTXシリーズと同等の電力効率を実現します。

そして更に衝撃的なのが、MX 450GTX 1650を比較したときに、その仕様がかなり似ていることです。

 

比較項目GeForce MX 450GeForce GTX 1650
アーキテクチャTuring TU117Turing TU117
CUDAコア数896基程度?896基
定格クロック540 MHz ~?1485 MHz
メモリタイプGDDR6?GDDR5
VRAM容量2 GB / 4 GB?4 GB
TDP25 W75 W

 

まだ不明瞭な情報ではありますが、以上の通りです。アーキテクチャは同じで、CUDAコア数もほぼ同じになるかもしれません。そしてTDPを抑えるためにクロック数はかなり下げられるとの噂ですが、メモリタイプについてはGTX 1650には搭載されなかった「GDDR6」になるかもしれないとも言われています。

そしてVRAM容量については従来通り2 GBに抑えられるという説もありますが、GTX 1050 => GTX 1650の進化でVRAM容量が倍になったことを考えるともしかしたらMX 450でも倍になり、4 GBとなる可能性もあります。

そしてTDPはかなり抑えられて、25Wとなっています。そのため、一応CPUの外に搭載されるdGPUではありますが、内蔵グラフィックスiGPU並みの消費電力で済む時もあるでしょう。

予想性能としてはGTX 1050 Ti程度は発揮してくれるのではないかとのことです。

 

 

登場日

もちろん具体的な日についてはよくわかっていませんが、噂では2020年の6月程度から量産され、2020年の後半からMX 400シリーズGPUを搭載したノートPCがお目にかかれるとのことです。







アンケート

期限:2020/06/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
受験に向けて2,3日に1投稿にします

Twitter Youtube Instagram