【顔認証化】iPhone SE(第3世代)の最新情報【デザインは8】

最終更新日:

皆さんこんにちは。皆さんはiPhone何を使っていますか? もう日本人はiPhoneを使っている人が多すぎて、初対面で「iPhone何使ってるの?」って聞いてもスムーズに会話ができますね、笑

ちなみに私はiPhone 13 Proを使っています。最新ですね。iPhone 13 Proのレビュー記事を購入当初に作ろうとしていたのですが、紹介することが多すぎてもはやまだ作り終わっていない状況です、、笑 こうなったら「使ってみて半年のレビュー」とかそっちの方を作ろうかとも考えていますね。 さて、別にスマートフォンに特化しているサイトというわけでもないのでこんな記事作っても絶対に検索結果の上位に表示されませんが、まぁ適当に「iPhone SE3」についての情報を紹介する記事を作りたいと思います。

どうせ、どうせ検索結果の上位になんて乗らないんだから! 拗ねてなんかないんだからね!

iPhone SEの立ち位置とは?

iPhone SEが最初に登場したのはいつだったでしょうか。あれはiPhone 6sが登場した当たりの出来事でした。iPhone 6sと同じ性能を保有しつつ、デザインはiPhone 5sと同じデザインということで一部の層から人気を得ました。iPhone 6sの方が一回り大きいため、小さい携帯を好む人にとってiPhone SEは重宝されました。また、角ばったデザインの方が好きという人にも重宝されていたでしょう。 そして時は流れ、フラッグシップモデルとしてiPhone 11などが登場したころ、iPhone SE2という第二世代のものが登場しました。いつの時代も小さい携帯を好む人はいるようで、iPhone 11などよりも一回り小さいiPhone SE2(iPhone 6s等とほぼ同じサイズ) は一部の層に支持を得ました。また、フラッグシップモデル(iPhone 11)と同じ処理性能を保有しつつ、安いということでかなり人気を得ました。その代わり処理装置以外のカメラやディスプレイなどについてはフラッグシップモデルに劣っていました。

つまり、これまでの傾向から考えると、iPhone SEではその時代におけるフラッグシップモデルと同等の処理装置を採用しつつ、サイズや形状、ディスプレイやカメラなどは数世代前のものと同じとなっていて、最新のiPhoneシリーズの中では一番安い、という立ち位置となっております。

単に「廉価版」というよりは、少し前のデザインのスマホを最新の処理性能で復活させているモデルといった感じでしょうか。 そして一部の仕様を数世代前のままにすることでコストを抑え、全体としてフラッグシップモデルよりも数万円程度安く済んでいるといった感じです。

 

そして、iPhone SEは初代の頃は立ち位置がよくわからなかったものの、第二世代まで登場してその存在が確立されてきましたね。ということで第三世代の姿が想像しやすくなりました。

 

 

iPhone SE3のデザイン

それでは現在噂されているデザインを紹介していきたいと思います。

 

iPhone SE3の予想デザイン(Ten Tech Review
@ xleaks7

このようになっています。サイズはiPhone 8やiPhone SE2と同じでカメラレンズも一つ。全体的に丸みを帯びていて、なーんだ、デザイン変わってないやん。と思ってしまいますが、よく見てみたら前面が全く新しいものになっています。全く新しいというか、iPhone Xあたりで見たデザインですね。ホームボタンは消されていて、前面カメラやスピーカーなどが搭載されているTrue Depthシステムが上に設置されています。丸みを帯びたデザインということでiPhone X、いや、カメラが一つということでiPhone XRあたりにデザインが似ていますが、大きさはiPhone SE2と同じで一回り小さくなっています。

iPhone SEやiPhone SE2のデザインは見たことのあるデザインでしたが、iPhone SE3にこのデザインが採用されるとしたら新しい組み合わせ(iPhone 8とiPhone Xのハーフ?)のような感じになりますね。個人的にはこのデザイン結構好きかもしれないです。

 

 

iPhone SE3の仕様

続いて、iPhone SE3の仕様について解説していきます。なお、こちらもあくまでも噂情報となっております。

 

ディスプレイ

ディスプレイから語っていきましょう。ホームボタンがなくなり、上の余白も撤去されたということでディスプレイサイズは大きくなります。iPhone SE2は4.7インチとなっていますが、5.69インチになるといわれています。そしてその分解像度も高くなるでしょう。 ただ、iPhone Xや12などとは異なり、XRや11のように有機ELディスプレイではなくて液晶のディスプレイ(Liquid Retina Display)が搭載される可能性が高いです。つまりディスプレイサイズが大きくなるものの質は変わらないということですね。

iPhone 12シリーズからすべてのモデルで有機ELディスプレイが採用されるようになったため、今後液晶ディスプレイはSEにのみ採用されていく方針でしょうか。おそらく、数年後にはSEにも有機ELが採用されそうですが。

 

処理装置

処理装置については、iPhone 13シリーズと同じ「A15 Bionic」が搭載されると考えられています。iPhone 12から13に向けて処理装置がA14からA15にアップグレードされたわけですが、両方とも使っている私には全く両者の違いが判りません。。。 おそらく違いはあるのですが、もはやオーバースペック過ぎて違いがわかるような場面に出くわさないんですよね。 それくらい性能が高いので、個人的にはA14チップとかでも良いのではないかと思っていますね。

ちなみにiPhone SE2についてはiPhone 11と同じA13チップが採用されていて、iPhone SEについてはiPhone 6sと同じA9チップが採用されていました。

 

メインメモリ

iPhoneのメインメモリについてあまり議論されることはないですが、Wikipediaなどで調べることができます。iPhone 11は4GBですがiPhone SE2は3GBと、若干少なくなっています。ただ、iPhone 8が2GBだったのでそれに比べると少し増量されていますね。

iPhone 13は4GBとなっているため、iPhone SE3については進化せずに3GBのままとなる可能性が高いです。

高性能なAndroidスマートフォンで16GB RAMなどが普通に採用されてきている現在でも、iPhoneのRAMはなぜか少ないままなんですよね。Appleがやっていることなのでそれが正解なんでしょうけど。。 それともiOSがAndroidに比べて少ないメモリで動作するようになっている可能性も考えられますね。ちなみにiPhone 13 Proについては6GBとなっています。

 

ストレージ

iPhone SE2ではストレージオプションは64GB~256GBとなっていました。iPhone SE3についても同じストレージオプションを採用するのではないかとみています。ちなみにiPhone 11は64GB~256GB、そしてiPhone 13については128GB~512GBとなっています。オプションが底上げされている感じですね。 ここであえてiPhone SE3ではストレージオプションは変更されず、iPhone 13等と区別されるのではないかと思います。

 

カメラ

カメラの見た目はiPhone SE2どころかiPhone 8、いや、iPhone 7などとたいして変わらない感じがしますが、処理装置が進化している分カメラ機能を進化させることができるはずです。実際にiPhone SE2ではiPhone 8にはなかったポートレートモードなどが搭載されたり、4K撮影で映画レベルの手振れ補正を実現することができるようになったりしました。

そしてiPhone SE3では何が進化するのかといった感じですが、機能が追加されるとしたらSE2では実現できなかった「ナイトモード」等が考えられます。また、iPhone 13シリーズで追加された「シネマティックモード」と呼ばれる、ポートレートモードの映画版のような機能が追加されるかもしれないです。

そして内カメラに関してはほぼ確実に、7MPから12MPに画素数が進化するでしょう。

 

生体認証

数字のパスワードで本体が保護されるのなんて当たり前です。問題は生体認証でしょう。iPhone SE2が登場したころには、「iPhone SEではホームボタン(指紋認証センサ)を残し続ける!」 つまりiPhone SEについては指紋認証を採用し続けるだろうともいわれていましたが、今回の噂情報によるとiPhone SE3で早速指紋認証が削除されるようですね。その分最新のiPad Airのように電源ボタンに指紋認証センサが移動するのかとも考えられましたが、この噂情報ではTrue Depthカメラシステム(顔認証に必要なセンサーなどが盛り込まれている)が描かれていて、顔認証が採用されることを示しています。

コロナ禍ということもあってマスクをする機会が増え、顔認証が不便だとか言われている中指紋認証が重宝されてはいますが、とりあえずは顔認証に統一されるということでしょうかね。

それかもしくは、2022年に登場するiPhone 14でなんらかの形で顔認証+指紋認証、両方とも採用されることになるかもしれませんね。ちなみにAppleの顔認証については結構真面目にまとめた以下の記事があるのでよかったらご覧ください。

Apple Face IDの仕組みを徹底解説【図解】

また、Macパソコンに顔認証が搭載されるのはいつなのかー? という議論をまとめた記事も良かったらご覧ください。

Face IDをサポートするMacはいつ登場するのか?【顔認証】

 

一応現時点で噂されている情報は以上の通りになります。

 

 

iPhone SE3の発売日

一応現時点では2022年のうちに登場するだろうといわれていますが、そもそも第三世代は2024年に登場するだろうという噂情報もあったりします。 今回紹介したこのiPhone SE3の仕様は、あくまでも2022年内に登場した場合の話ですね。2024年に登場するならまた話は変わってくるでしょう。

 

参考記事:https://www.notebookcheck.net/Apple-iPhone-SE-3-Render-images-show-proposed-redesign-of-the-affordable-iPhone-SE-2022.592768.0.html







こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

JUNKI

純輝
最近大学でようやく本格的にコンピュータのことを学び始めました

Twitter Youtube Instagram