Apple iPad Pro 第5世代の最新情報【ミニLED】

最終更新日:

2020年の前半にAppleから新しいiPad Proが発表されましたが、既に次世代のiPad Proについて噂されてきています。 この記事ではそんな、iPad Pro 第5世代についての噂情報を紹介します。

 

 

iPad Pro 第5世代のデザイン

いつもBableTechでは世代数というよりは「~年モデル」という名前で噂情報を紹介していますが、今回に関しては2020年内に登場する可能性も、2021年に登場する可能性も考えられるため便宜上第5世代と称しています。

そして現行品である第4世代は2020年の3月後半頃に発売されました。

それではまず第5世代iPad Proについて噂されているデザインを紹介します。

 

iPad Proのデザイン

この画像はまた別の記事で利用したものですので関係ない線が入ってしまっていますが、この線は気にしないでください。 そしてこれは現行品である第4世代のイメージになります。 現時点では第5世代について特にこれといったデザインは噂されておらず、従来通りになる可能性も高いです。次世代のiPad Air無印のiPadなどについては大幅にデザインが変更されると噂されていたりしますが、iPad Proについてはもはやこれ以上進化する要素が無いですね。でもiPad Airなどが「Proのようなデザインになる」と言われていますから、iPad Proにも変更を加えないと似たり寄ったりになってしまう危険性が考えられます。

ただ、すべて噂上の話ですので何とも言えないところはありますね。

強いて言えば一つだけデザインに関しての大きな変更が噂されています。形に関するデザインではありませんが、ディスプレイとして「ミニLED」を利用したものが採用されると言われています。ミニLEDディスプレイのメリット等については以下の記事をご覧ください。

有機ELを超える? 新技術「ミニLEDディスプレイ」を徹底解説【図解】

ミニLEDディスプレイの主なメリットとしては、従来の液晶ディスプレイよりも細かくバックライトを制御できるようになってコントラストを改善することができることや、輝度を上げることができることなどがあります。もちろん従来よりも生産コストは上昇してしまいますが、iPad ProはAppleが誇る「Pro」シリーズの一つなので、そのようなところにコストをかけても不思議ではないでしょう。 そしてミニLEDディスプレイを採用したApple製品は現在のところまだ一つも登場しておらず、このiPad Proで採用されたら一番最初のものになるとのことです。 そして今後他の製品にも次々と採用されていく見込みです。

 

 

iPad Pro 第5世代の特徴

続いてはデザインなど以外の「特徴」について紹介していきます。

 

1.A14Xチップ採用

Proシリーズということで処理装置が重要になってきますが、しっかりと期待に応えるような強力なものが搭載されるだろうとのことです。型番としてはA14Xと呼ばれるもので、従来通りiPhoneなどで採用されるメインストリームチップ(X無し) を改造して大幅に性能を向上させたX付のチップとなっています。

MacBook Airなどよりも全体的に性能が高く、場合によってはいくつかのMacBook Proよりも高いパフォーマンスを実現するかもしれません。そしてA14XチップなどはiPad Proの他にも、これから増えていく「ARMベースのMacパソコン」の一部にも採用されるのではないかと言われています。

【復活】12インチMacBook 2020年モデルの情報【ARM】

iPhoneや様々なiPadなどで幅広く採用されたA12チップに続き、このA14Xチップについても様々な製品に採用されて大規模な生産が成される可能性が高いですね。

 

2.5Gサポート

iPadシリーズにはWi-Fi通信のみ行えるモデルと、モバイルネットワーク通信も行うことができるセルラーモデルが存在します。そして今のところiPhoneなどと同じように4G LTE通信までサポートしていますが、次世代のiPad Proでは5G通信をサポートすると言われています。

 

3.新しいApple Pencil

こちらに関しては次世代のiPad Proと同時に登場するか定かではありませんが、iPad用の次世代のApple Pencilについても噂が成されていたりします。

第3世代 Apple Pencilの情報【魔法の杖?】

 

 

発売日

登場する時期については、現在の噂では2020年と言われていますが、おそらく2021年に入ってから登場するでしょう。iPhone 12シリーズは2020年内に登場すると考えられますが、少なくともこの記事で紹介したような仕様のiPad Proは2020年内には見られないかと思います。 そして2021年の春に発表される可能性が高いです。

 

参考記事:https://wccftech.com/2020-ipad-pro-a14x-bionic-5g-support-arrive-september/







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
志望大学A判定出ましたね。頑張りましょう。

Twitter Youtube Instagram