iPad Pro 2021年モデルの情報【ついにミニLEDパネル採用?】

最終更新日:

2020年の前半に無事Appleから新しいiPad Proが登場しました。背面に複数のレンズがついているなどの仕様については噂通り確認されましたが、一方でディスプレイに関して噂されていた「ミニLEDディスプレイ採用」については実行されなかったようです。

そして2021年にも新しいiPad Proが登場し、そちらについてはいよいよミニLEDディスプレイが採用されるのではないかと言われています。この記事では2021年に登場する新型のiPad Proについての情報を、ディスプレイ以外のものも含めて紹介していきます。

iPad Pro 2021年モデルのデザイン

2020年に登場したiPad Proは背面にあるカメラ部以外については従来と同じようなデザインになりました。カメラ部についてはiPhone 11 Proシリーズのような見た目になっていて、加えて裏面照射型センサーも搭載されました。

iPad Pro 2020年モデルの特徴を徹底解説【最速報】

そして2020年に登場したiPad Air 4について、iPad Proと同じようなホームボタンレスデザインが採用されましたが、それでは2021年に登場するiPad Proではどのようなデザインになるのでしょうか。 ホームボタンが無くなった以上基本的に前面はディスプレイのみとなっているので、もはやこれ以上デザインに変更を施しようがない気もしますね。 あとは更なるスリムベゼル化などが残っていますが、正直なところベゼルが細すぎてもそれはそれで使いにくくなるのではないかとも思います。

 

ベゼルレス

ディスプレイの外側の額縁(ベゼル)が取り払われている様子を形容する表現。本体サイズを小さく保ちつつ、ディスプレイを大きくしたい時に必須である設計。

また、従来のiPad Proには12.9インチのものと11インチのものがありますが、仮に更なるスリムベゼル化が実行されたとしても、さすがにこれ以上ディスプレイサイズが大きくなるということはないと思います。 というのも、13インチに達してしまうとパソコンであるMacBookシリーズと同等の画面の大きさになってしまいますので、さすがにiPad Proが「スマートデバイス」の立場である以上厳しいものがありますね。

ということでデザインについては大きな変更はなさそうですし、現在のところ特に噂されていません。

 

 

iPad Pro 2021年モデルの特徴

続いてはiPad Pro 2021年モデルについて現在のところ噂されている内部仕様に関する情報を紹介していきます。 なお、基本的には噂情報になりますし、一部筆者の意見も織り交ぜてあります。

 

1.ミニLEDディスプレイ採用

実を言うと現在主に噂されているのはミニLEDディスプレイが採用されるということです。

 

ミニLEDディスプレイ

液晶ディスプレイにおいて、従来よりも小さな直径数百μmのLEDをバックライトとして用いる方式。局所的なバックライトの制御を可能にし、コントラスト比を高めることができる上に輝度を高くすることができるなどの利点がある。    もっと詳しく

パソコンシリーズであるMacBook系については2021年の後半にこのミニLEDディスプレイが導入されると言われていますが、先にiPadで2021年の前半頃に採用されるようです。 従来のiPadのディスプレイもコントラスト比が非常に高かったり輝度が非常に高かったりして全体的に優秀ではありますが、ミニLEDディスプレイを採用することで更に有機ELディスプレイのような色のくっきりさを演出することができたりするでしょう。 そしてもはや、iPhoneシリーズよりも綺麗な画面になるかもしれません。

そしてAppleは2021年前半から登場する、ミニLEDディスプレイを搭載する製品のために2020年の第三四半期から専用のLEDチップを生産する準備を行っていたとの情報があります。

なお、ミニLEDディスプレイは従来の液晶ディスプレイよりも圧倒的に高いコストを要しますので、もし採用されたらiPad Proの価格に響いてしまうかもしれませんね。

 

2.A14Xチップ採用

2020年前半に登場したiPad ProではiPhone Xsなどで採用されたA12チップをベースにして改造したA12Zチップが採用されました。更に前身モデルとなるiPad Proが採用していたA12Xチップとの違いについては以下の記事をご覧ください。

新型iPad Proに搭載された「A12Z」チップとは?【A12Xとの違い】

そして2021年に登場するiPad Proではほぼ確実にA14Xチップが採用されるでしょう。iPhone 11シリーズで採用されたA13チップを基にしたA13Xチップなどを採用したiPad Proはまだ登場していないのでA13Xチップになる可能性もあるわけですが、2020年に登場した新型のiPad Air(第4世代)でA14チップが採用されたことを考えるとA14系列のものが採用されそうな気もしますね。

A14Xチップについては以下の記事をご覧ください。

Apple A14Xチップの性能とは?【もはやゲーミングPC】

そしてこのA14XチップはiPad Proだけでなく、これから登場していくARMベースのプロセッサを採用しているMacBookにも採用されるのではないかと言われています。

 

 

3.指紋認証

従来のiPad ProにはiPhone 11シリーズなどと同じく前面にTrueDepthカメラシステムがあって、顔認証「Face ID」をサポートしています。しかし数年前までサポートしていた指紋認証「Touch ID」は撤去されています。

iPhone 11などのメインストリームスマートフォンについても現状Face IDのみとなっているのでiPad Proでも特に、指紋認証&顔認証両方ともサポートされる可能性については指摘されていませんでしたが、2020年に登場した新型のiPad Air 4においてiPad Proと同じようなデザインを採用しつつ電源ボタンにTouch ID機構が設置されたことを考えると、新型のiPad Proでも同様に指紋認証がサポートされる可能性が考えられます。

 

TrueDepth

Appleが開発しiPhone Xに初搭載した顔認証(Face ID)を実現するためのカメラシステムの呼び名。Face IDをはじめとし、あらゆる機能に活用される。    もっと詳しく

というのも、私の周りにいる人を含めて多くの人が「iPhone 11にも指紋認証が欲しい」とか「iPad Proにも指紋認証が欲しい」などと願っている現状なので、明らかに指紋認証&顔認証両方ともサポートされるべきだという流れになってきています。 また、iPad ProはiPadシリーズでの最上位モデルとなるので両方ともサポートされているべきでしょう。

もしも指紋認証がサポートされることとなったらiPad Airのように電源ボタンにセンサーが設置される可能性が高いですね。

 

 

登場日

登場する時期としては何度も言っているように、2021年の前半になる可能性が高いです。現行モデルが登場したのも、2020年の3月頃の話です。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
iPhone 12 Proのグラファイトを購入しました。主にブログ収入で

Twitter Youtube Instagram