Apple iPad Air 4の情報【画面内指紋認証?】

最終更新日:

2020年の春についにAppleから新しいiPad Proが発表され、背面がiPhone 11 Proみたいになったと話題になりました。 しかしiPadにはまだ他のモデルが存在します。最廉価グレードとなる「iPad(無印)」、小型ながら高性能な「iPad mini」、そして無印iPadに似ているけど高性能で軽い「iPad Air」です。

そしてiPad Airについてはもうすでに新しいモデルについて噂されています。この記事ではその噂をまとめてみます。

なお、噂されているのは確かですが、この仕様がそのまま採用されるとは限らないことに注意してください。

iPad Air 4のデザイン

iPad Airは現在第3世代まで登場しているので、次のモデルは第4世代、すなわち「iPad Air 4」となります。それでは噂されているデザインについて紹介します。

 

 

デザイン比較(予想)

あくまでも予想されているデザインになりますが、上の通りです。これらはすべてスペースグレイ配色となっています。そういえばiPadのスペースグレイ配色は背面も暗めの色になってきていますね。iPad 6と7を比べた時もこの違いが見られました

第7世代iPadと第6世代iPadを比較してみる【2019年モデル】

そのため、第4世代でも同じような配色となるでしょう。最新のiPad Proについても12.9インチモデルのスペースグレイ色は同じような配色になっています。

そしてこの第4世代のデザインで大きく変わっているのはやはり前面です。ディスプレイの枠(ベゼル)がより狭くなり、ホームボタンのせいで上下に残っていたスペースもきれいに埋まっています。そしてディスプレイサイズは11インチになるとも噂されています。

そしてその分縦の長さが若干短くなっていますね。その見た目はまるでiPad Proのようです。

※この図は噂情報を基に私が作りました。

 

 

iPad Air 4の特徴

続いてはiPad Air 4の技術的な特徴についてです。いくつか噂されているので紹介します。

 

画面内指紋認証

先ほど紹介したあのデザインとセットで噂されているのが「画面内指紋認証」になります。より狭くなったベゼルによって私たちが見えるホームボタンは取り除かれる運命になりましたので、なす術は顔認証を用いるか、画面内指紋認証を用いるかといったところです。 もちろんiPad Proのように顔認証を搭載する可能性もあるわけですが、Appleが新しくホームボタンを搭載している新型iPhone SEを発表したことからもわかる通り、指紋認証には一定の需要があります。

そこで顔認証はProシリーズだけで、他は指紋認証までとなる可能性が高いです。そのため画面内指紋認証が噂されているのです。画面内指紋認証は文字通り、従来専用のセンサーに触れて行っていた指紋認証を画面内で行うというシステムで、既にいくつかのスマートフォンで採用されています。

詳しい仕組みについては以下の記事をご覧ください。

最近話題の「画面内指紋認証」の仕組みを徹底解説【図解】

Appleは成熟した技術のみを採用する傾向にあるので、おそらく画面内指紋認証を搭載することとなったら精度の良い超音波式等になるのではないかと思われます。また、画面の一部分だけでなく画面全体で行えるようになる可能性も無きにしも非ずですね。

ただ、最新の噂情報ではやはり画面内指紋認証などの最先端の技術は採用せず、かといってiPad Proのように顔認証を採用するのでもなく、指紋センサーを側面のボタン部に取り付けて、従来通りTouch IDを利用するのではないかと言われています。

 

 

ミニLEDディスプレイ

続いてはディスプレイについてですが、最近話題になっている新方式ディスプレイ「ミニLEDディスプレイ」が採用されるかもしれないと言われています。新方式と言いつつも、従来通りの液晶の仕組みを採用するわけですがバックライトにより細かいLEDが使われているので輝度の向上コントラスト比の改善が期待されます。 新型iPad Airがいつ登場するのか断定することはできませんが、もしもミニLEDディスプレイを搭載することとなったらiPad Proよりも早い実装になる可能性があります。

ただ私的には新型iPad Proが先に登場し、そちらに先にミニLEDディスプレイが搭載されるのではないかと思っています。 いずれにせよ、将来的にミニLEDディスプレイが採用される可能性は高いですね。

ミニLEDディスプレイの仕組み等については以下の記事をご覧ください。

有機ELを超える? 新技術「ミニLEDディスプレイ」を徹底解説【図解】

 

チップ

処理チップについては従来通りARMベースのAシリーズチップが採用されるのはほぼ確定です。

ARMアーキテクチャ

ARMホールディングスの事業部門であるARM Ltd.により設計・ライセンスされているプロセッサコアのアーキテクチャである。
主に組み込み機器やスマートデバイス用プロセッサに用いられている。

問題はどんな種類が搭載されるかですが、iPad Air 3についてはメインストリーム(iPhone Xs等)で採用されたA12となりました。ですがiPad Air 2についてはiPhone 6に搭載された「A8」チップを改造した「A8X」が搭載されました。

いつ登場するのかにもよりますが、おそらくiPad Air 4についても第3世代と同じようにiPhoneシリーズで採用されたものが搭載されるでしょう。

そういうわけで2020年に登場するiPhone 12シリーズに採用される「A14」チップが搭載されるという説もあるわけですが、最新の噂だとiPad Airの方が先に登場すると言われていますので、iPhone 11シリーズに採用されたA13チップという説が濃厚でしょう。

 

 第2世代第3世代第4世代
チップA8XA12A13?

 

端子

現在のiPad Air 3にはiPhoneでも採用されているLightning端子が搭載されていますが、iPad Air 4ではiPad Proと同じように、ついにUSB Type-C端子が採用されるかもしれないと言われています。USB Type-C端子はAndroidスマートフォンやその他のスマートデバイスに多く採用されている汎用端子なので、非常に便利になることでしょう。

 

スピーカー

既存のiPad Proのようなデザインになるかもしれないということで、同様にしてつのスピーカーシステムを採用するのではないかという期待もありましたが、スピーカーについてはiPad Air 3とほぼ同じになるだろうとのことです。あくまでもデザインがiPad Proに似ただけということですね。

 

Magic Keyboardサポート

2020年のiPad Proが登場したとき、同時にiPad Pro専用の外付けキーボード「Magic Keyboard」も登場しました。ですがiPad Pro専用ですので現時点では無印iPadやiPad Airなどで利用することはできません。 しかし次世代のiPad AirではiPad Proと同じデザインになるということで、従来のMagic Keyboardをサポートするようになるかもしれないとのことです。

 

 

発売日・価格

発売日については詳しいことは言及されていませんが、確かな実績を持つリーカーによると2020年の10月ごろに発売されるかもしれないとのことです。

ただしiPad Airシリーズは他のシリーズと違って更新頻度が低いのが特徴です。

 

 登場
iPad Air (1)2013年10月22日(米国)
iPad Air 22014年10月16日(米国)
iPad Air 32019年3月18日(米国)
iPad Air 42020年10月?

 

また、価格については従来のiPad Airよりも1万円以上たかくなるといわれています。ストレージオプションなどが底上げされるという可能性も考えられますが、大幅なデザインの変更や処理装置のアップグレードなどが主な要因となって値上がりすることも考えられます。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
iPhone 12 Proのレビューはこちらです。

Twitter Youtube Instagram