Apple Watch Series 6の情報【円形デザイン?】

投稿日:2020年3月2日
更新日:

当サイトではこれまでにAppleが販売しているパソコンやスマートフォンの情報を多数紹介してきましたが、Appleは「Apple Watch」も手掛けています。

Apple Watchはすでにシリーズ5まで発売されており、年々進化してきました。そして2020年、iPhone 12と共に新しく「Series 6(シリーズ6)」が登場すると言われています。

この記事ではApple Watch Seires 6について噂されている情報を紹介します。なお、不確かな情報ですので信ぴょう性についてはあまり期待しないようにお願いします。

なお、確かな情報が入り次第この記事は更新していきます。

 

 

この記事を1文で説明すると

  • 2020年にiPhone 12と同時に発表されるとみられる新型「Apple Watch Series 6」では斬新な円形デザインが採用され、内部の処理装置も変更される可能性が指摘されている

Apple Watch Series 6のデザイン

まずは噂されているデザインを紹介します。

ここでは比較用にシリーズ5も載せます。

 

 

どうせまた同じような四角デザインだろうと、この項目を飛ばしてしまう方はいるかもしれませんが、この写真を一目でも見てしまったらその覆されたデザインに驚くでしょう。 といってもただの噂になりますが、なんとシリーズ6では上の写真のように円形デザインになるのではないかともうわさされています。

Apple Watchはいわゆる「スマートウォッチ」に分類されますが、Apple Watch以外のスマートウォッチではこの「円形デザイン」が多く採用されてきました。そのためApple Watch シリーズ6ではむしろベタなデザインになってしまうということになります。

ただ、スマートウォッチとは言えども腕時計は腕時計ですので誰しもまずこの円形デザインを思い描くと思います。しかし、あえてその「典型的な時計デザイン」から少しずらして「四角デザイン」にしたのがApple Watchの始まりです。

なので、ここまで来てベタな円形デザインに変更するというのは非常に考えにくいものです。また、形の変更で使いやすさも大きく変わり、OSレベルで調整しなければならないと考えられますので、噂されているとは言えどもこのデザインは採用されないと思います

 

 

Apple Watch Series 6の特徴

噂されているデザインを紹介しましたので、続いてはハードウェア的な特徴を紹介していきます。

 

 

1.Micro LED ディスプレイを搭載する

シリーズ6に関して主に噂されているのはこの「マイクロLEDの採用」です。Micro LEDディスプレイは、通常よりも圧倒的に小さなLEDを、バックライトではなく「画素」として使うことで有機ELディスプレイと同じように高いコントラスト比を実現しつつ、有機ELディスプレイよりも圧倒的に高い輝度を実現することができるという、イイトコドリなディスプレイとなっています。

以下の記事に詳しい説明が載っていますのでご覧ください。

有機ELを超える? 新技術「ミニLEDディスプレイ」を徹底解説【図解】

 

ただ、デメリットとして「コストが高すぎる」という点があげられます。有機ELですらあそこまでコストが高いのに、画素を全部LEDにするとなるとそれはコストも爆上がりするに決まっています。

ですが、Apple Watch程度の大きさであれば割と少ないコストでマイクロLEDディスプレイを搭載することができるでしょう。

実際に、マイクロLEDを含む「ミニLEDディスプレイ」の技術はスマートウォッチ等の小型デバイスから採用されていくと言われています。

 

 

2.デジタルクラウンが光学センサーに置き換えられる

シリーズ5には物理ボタンとして「デジタルクラウン」というものが存在しますが、シリーズ6ではそれが物理ボタンではなく、光学センサーに置き換わるかもしれないと言われています。

先ほど紹介した噂デザインでも、今までデジタルクラウンが設置されていた右側の部分にダイヤルのようなものが存在しないことがわかります。突起はありますが、回りそうにはないです。 どうやらこの部分が新たにコントロールをするためのセンサーになるようです。

なお、デジタルクラウン以外のボタンについては言及されていません。

 

 

3.Product Red追加

 

シリーズ6の予想デザインを紹介するビデオでは、円形の本体にPRODUCT RED配色のものが登場しました。

PRODUCT REDはAppleがエイズ対策の(RED)と協力して生産しているデザインで、PRODUCT RED製品を購入するとその売り上げの一部がエイズ予防のために寄付されます。 これまでにiPodやiPhoneをはじめとし、周辺機器やカバーにまでPRODUCT REDは採用されてきました。 そして実はApple Watchの一部のバンドでPRODUCT REDは存在するのですが、シリーズ6では本体のバリエーションとしてPRODUCT REDが追加されると言われています。

 

 

4.処理装置が進化する

Apple製品等をすみずみまで分解する団体「iFixit」はApple Watch シリーズ5の分解で、そこに搭載されている処理装置(CPU・GPU)がシリーズ4と全く変わらないということを発見しました。

これ以上の性能が必要とされてくるのかはわかりませんが、シリーズ6でCPU等が進化する可能性が高いです。ということで、デザインもハードウェア的な仕様も、シリーズ5と比べるとだいぶ変化する可能性があります。

 

 

発表・発売時期

新型Apple Watch Series 6は2020年の秋ごろに開催されるとみられるiPhone 12を中心とするAppleの発表会にて発表されると言われています。また、すぐに発売も開始されるでしょう。

 

 

イメージ動画

以下の動画をご覧ください。

 










こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンスサイドバー

楽天モーションウィジェット

Babu
iOS , iPad OS 13.4ゲッチュ