【格安ゲーミング】Ryzen3-3300XとB550マザーボードの魅力を伝えたい

最終更新日:

ついにAMDから第三世代Ryzen 3プロセッサと、第三世代Ryzen CPUをサポートするB550チップセットが発表されました。 どちらも「コスパ」が重視となっているパーツになりますので、組み合わせれば格安ゲーミング環境を作成することができるでしょう。

では両者の魅力を伝えていきます。

 

 

ここがチャームポイント!

  • Ryzen 3-3300XZen2アーキテクチャを採用し、4コア8スレッド最大4 GHzまで達する
  • B550マザーボードでは格安でありながらPCI-Express 4.0をサポートする

Ryzen 3-3300Xの魅力

この度AMDから発表された第三世代Ryzen 3シリーズはRyzen 3-3100Ryzen 3-3300Xになります。 私としてはこのうちの「Ryzen 3-3300X」に魅力を感じています。 ではそれぞれの仕様を振り返ってみましょう。

 

 Ryzen 3-3100Ryzen 3-3300X
アーキテクチャZen2 7nmZen2 7nm
コア/スレッド4/84/8
ベースクロック3.6 GHz3.8 GHz
ターボクロック3.9 GHz4.3 GHz
TDP65 W65 W
価格99ドル120ドル

 

ざっとこのようになっています。第三世代ですからアーキテクチャは7nmのZen2となっていて、4コア8スレッドになっています。同じエントリーシリーズとしてIntelにはCore i3がありますが、Core i3ではまだ現時点では4コア4スレッドが最高となっています。 そのためハイパースレッディングテクノロジーを採用している辺りがCore i3よりも優秀と言えますね。

そして動作周波数についてはRyzen 3-3300Xではターボクロック時に4.3 GHzまで達しています。Core i3もそれくらいは達しますが、スレッド数が違いますのでわけが違います。

Zen2アーキテクチャで4.3 GHzに達することができるのですから、ゲーム性能はかなり高いものと思われます。 そしてTDPについてはよりオーバークロックがしやすい「X」モデルでありながら65Wに抑えられていますので、発熱量もかなり抑えられているでしょう。

そして価格については3100で99ドル、3300Xでは20ドル程度上がって120ドルとなっています。日本円に換算するとおおよそ1万円ちょっとといったところでしょう。

 

Zen2アーキテクチャ採用で4コア8スレッド、そして動作周波数は4GHzを超えて1万円ちょっとで購入することができるのですから、相当コストパフォーマンスが高くなるでしょう。たぶんこのCPUを使えば最新の重たいゲームでも(グラフィックボード次第だが) 快適にプレイすることはできると思います。

 

 

B550マザーボードの魅力

同時に、第三世代Ryzenシリーズをサポートする新たなチップセット「B550」も発表されました。こちらについてはあまり詳細が共有されていませんが、6月16日に発売されることが発表されました。

そしてその特徴としては何といっても格安でありながら最新のPCI-Express 4.0をサポートするということです。

そのサポートレーン数はそこまで多いと思いますが、PCI-e 4.0のグラフィックボードやx4接続のM.2 SSDを活用することはできると思います。ですが「B」シリーズですので市場では1万円程度で発売される可能性が高いです。

これを先ほどのRyzen 3-3300Xと組み合わせれば格安のゲーミング環境を作ることができますね。 あとはAMD Radeon RX-5500等のグラフィックボードを組み合わせればコスパ最強ゲーミングPCを作ることができそうです。

 

ただし登場するの自体は6月の話ですので、もう少し待つ必要がありますね。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
iPhone 12 Proのグラファイトを購入しました。主にブログ収入で

Twitter Youtube Instagram