メルカリで買われやすいパソコンの特徴

投稿日:2019年8月26日
更新日:

みなさんこんにちは、今回は「メルカリで買われやすいパソコンの特徴」についてお話していきたいと思います。

目次:

1.安い

当たり前ですが、一番の特徴は「安い」ことです。

メルカリではパソコンの性能に対して価格が適切でないといつまでたっても売れることはありません。 価格はともかく、性能がすばらしかったら「いいね」を付ける人は結構いますが、買うには至らないという人が多いというのもパソコン出品の特徴です。

そのたくさんつく「いいね」は、「値段が下がったらいいね」という意味合いがほとんどです。

もしも出品しているパソコンにいいねがたくさんついているならば、多少の値下げを考えたほうが良いかもしれません。パソコンではいいねがたくさんついているからといって売れやすくなるわけではない傾向にあります

「いいね」と付けられるのに対してこちらが「良い値」を提示すればいいわけですね。

ん?

 

2.セットになっている

パソコンはある程度セットになっていると購入されやすくなります

例えば、デスクトップパソコン本体だけあってもモニターやキーボード、マウス、スピーカー等の周辺機器が無いと動かすことができませんよね。

ただし、あまり性能の良くないパソコンに限っては、セットじゃない方が売れやすくなる傾向にあります

もちろん手元にいらない周辺機器が一式揃っていて、売り払いたいならセットにするべきですが、セットにしたがために値段が上がってしまうと、低スペック低価格パソコンの良さが薄れてしまいます。

逆に、高性能ゲーミングパソコンくらいになるとモニター等がセットになっているものの方が売れやすい傾向にあります。

ゲーミングパソコン周辺機器って全体的に高価になると思うので、それを一式そろえておくとかなりポイントが高いです。ちなみにゲーミングパソコン本体だけを売るよりも、周辺機器を自分で購入してまでセットにした方がむしろ利益になる傾向にあります。

例えば、セットにするためにゲーミングマウスやキーボードを急遽そろえるのも一つの手ですね。本体だけの価格よりも数万円は上乗せすることができるでしょう。

 

3.写真の見た目

コンピュータはどんなに見た目が悪くても中身がしっかりしていれば何の問題もなく使うことができますが、意外と見た目が評価されることが多いです。

もちろん本体に傷が無いとか、色が褪せてないとか変色していないとか、そういう事実上の見た目も大切なのですが、メルカリではそれ以上に「写真の見た目」が大事な気がします。

つまりは、サムネイル画像となる写真の撮影方法で売れやすくなったりするわけです。パソコン業界でそんなことあるか、と私は一度疑ったことがありますが、ずっと研究を続けているうちに、明らかに写真がきれいな商品の方が売れてる傾向があることに気が付きました。

具体的に、どのような撮り方が売れるのでしょうか。

私が前に出品したMacbook air 2012は相場よりも1万円程度高く売れました。その時の写真がこちらです。

 

まず明らかに大事になってくるのは、写真の明るさです。暗かったら編集で無理やり明るくしろとかそういうことを言っているわけではありませんが、日光などの自然光が当たる環境が一番きれいに撮れます

あとは、角度です。なるべく全体像を写すようにしましょう。全体を写していると見るほうとしては安心できます。

メルカリではサムネイル(一枚目の写真)を見て、みんなが商品詳細ページにたどり着くわけですから、写真が重要なのは言うまでもないですね。

ちなみにノートパソコンの場合は画面を開けて撮った方が見栄えが良いです。

Macbookなんかだと、後ろにあるリンゴマークを強調している人が多くみられますが、リンゴマークが無事なのはいいとして多くの人が確認したいのは画面の状態だと思っています。

 

あとは、付属品も一緒に写したらもっと良いと思います。

 

4.出品者の評価、説明文

当然ながら、出品者の評価もだいぶ影響してきます。

メルカリでは一回の取引(自分が購入しても売却しても)でお互いに評価し合います。

基本的に何も不満が無ければお互いに「良い」を付けますが、なにかあったら「普通」や「悪い」がつけられる可能性があります

基本的に普通とか悪いはつけられないので、逆を返せば「普通」とか「悪い」が一つでもついている(総合評価が星5になってないなど)と、購入する側としては心配になってしまいます

取引数が増加していくと、「悪い」の一つだけでは総合評価が4に下がらなくなりますが。

加えて、取引数が多いほど安心される傾向にあります。だから業者みたいに大量出品している人は比較的購入されやすいというのはありますね。

 

そして説明文についてですが、これはプロフィールの説明文と、商品の説明文両方をさします。プロフィールの説明文に関しては書いても書かなくてもあまり影響は出ませんが、商品の説明文が拙いと購入されにくくなります

例えばですが、説明文に、スペックしか記載していなかったら「本当に人なのかな?」とか、「日本人なのかな?」とか思いを巡らされるようになります。

実際にメルカリでは日本人だけではなくて、中国人やアメリカ人、いろんな人が出品しています。それでもって、明らかに中国人の出品だと思われる商品って意外と売れ残ってしまったりする傾向にあるんですよね(もちろん商品にもよりますが)

パソコンくらいの精密機器になると、なにかトラブルがあった時にしっかり対応してくれる人を望まれる場合が多いです。

つまりは、説明文に日本人らしくきれいな文章を書き、トラブルがあったらしっかりと対応しますというニュアンスの文を加えると非常に安心されます。

加えて、パソコンの仕様(スペック)は細かく記載するようにしましょう。以下の記事を参考にしてください。

メルカリでWindowsパソコンを出品する方法

 

 

5.需要

ここまで説明してきたことをしっかりとおさえているのに全く売れそうにもないという人は、もはや需要の問題という可能性が高いです。

当たり前ですが、必要のない商品は多少安くとも購入されません。小物だったらまだしも、パソコンともなると必要もないのに購入する人はごくわずかです。

これについては正直対策の使用がありませんが、需要が低いものは必然的に価値が下がってしまい、値段を下げざるを得ないというのが現実です。

もしかしたら数十年後にレアものとして価値を見出される可能性はありますが、たぶんそういった形でずっと保存していくのも困難だと思うので、思いっきり値下げをするほかないです。

こうならないためにも、価値のあるうちにパソコンを売却しちゃいましょう

ちなみに私が感じるには、パソコンの価値は10年ほどでガクっと下がる気がします。2010年以降のパソコンはまだ現役でも活躍できますが、さすがに2010年以前だとスペック不足です。

もしも手元に2010年以前のパソコンがあれば、すぐに売却するのをおすすめします。

 







こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンスサイドバー

楽天モーションウィジェット

Babu
ついにIntel第10世代ハイエンド・モバイル向け「Comet Lake-H」が発表されました。