Intel CPU 型番の読み方講座

最終更新日:

IntelのCPUの型番を見ればどのようなCPUなのかが一目でわかりますが、意外とその読み方は知られていません。 そこでこの記事ではIntel CPU 型番の読み方を伝授していきます。

目次:

スポンサーリンク

デスクトップ向けCPU

まず最初に、デスクトップ向けCPUの型番の読み方講座についてです。

 

①Core2 duo Exxxx / Core2 quad Qxxxx / Core2 extreme QXxxxx

もう十年以上も前のCPUになるので今ではほとんど使われていませんがかつてCore2というCPUが使われていた時代では「E~」とか「Q~」とか「QX~(X~)」という型番が目立ちました。

ただ、このアルファベットに特別な意味はありません。単に、duoであれば「E」が付き、quadであれば「Q」が付くっていうだけの話です。

ちなみにduoとquadの違いは「コアの数」にあります。名のごとくduoでは2コアとなっていますがquadでは4コアとなっています。

 

 

②Coreix yyyy(z)

Core2ではなく、Coreiから始まるCPUは「Coreiシリーズ」と呼ばれます。

およそ2010年から現行品までデスクトップ用のメインストリームCPUはこのCoreiシリーズとなっています。 Coreiシリーズの型番構成は見出しの様になっています。それぞれ解説していきましょう。

 

1.「x」の部分

まず最初は「x」の部分です。xには「3/5/7/9」が入ります。

グレードとしては3→5→7→9の順に高くなっていて、Corei9 が最上位のCPUモデルになります。

ただしこの「x」の数字が高いと必ずしも性能が高くなるわけではないことに注意してください。大切なのはxの後の数字になります。

 

2.「yyyy」の部分

yyyyの部分には3/4桁の数字が入ります。

第10世代CPUの登場で5桁になるかもしれませんが、とりあえず第9世代CPUまでは4桁で収まっています。

 

一番最初の数字は「世代」を表します。

例えば Corei5 2400 というCPUの場合は一番最初の数字は「2」ですので、第2世代のCPUであることがわかります。

この「世代」というものは簡単に言えば発売された時代のことを指しているものであり、世代数が高い方が性能が高くなります

例えば、Corei5 2400 よりもCorei5 9400の方が性能が断然高いです。

 

CPUのモデルが違っても世代数が高ければ性能が高いという場合もあります。

例えばCorei5 2400 よりも Corei3 8100の方が性能が高いです。ここを見極めるのは難しいです。

 

yの部分が3桁の場合は「新世代」を表し、第二世代の一つ前の世代ということになります。 全体的にあまり性能が良くないのが特徴です。

 

 

そしてyの部分の二文字目はCPUのモデルによっておおよそ決まっています

Corei3 でしたら二文字目は1~3の数字になることが多く、

Corei5でしたら二文字目は4~5の数字になることが多く、

Corei7でしたら二文字目は6~9などがあり、Corei9では8~9の数字が使われることが多いです。

 

そのため、各世代に二文字目が変わらないCPUが存在している場合が多く見受けられます。

Corei5 2400があれば、Corei5 9400もありました。

 

ただ、この二文字目の数字はあまり性能とは関係がありません。

 

 

そしてyの部分の三文字目はCPUの細かい型番です。三文字目が変わってもそこまで性能は変わらないですが、クロック数(周波数)が高く設定されています

例外はあるかもしれませんが、例えばCorei7の4世代の場合

 

Corei7 4770 3.40GHz

Corei7 4790 3.60GHz

 

というようにクロックアップされています。ただ基本的な構造は変わらないため、そこまで性能差はありません。

 

 

そしてyの部分の四文字目は基本「0」です。(3桁の場合は除きます)

特に意味はありません。

 

 

3.zの部分

zの部分には、デスクトップ向けCPUでは何も入らないか、もしくは「K,S,T,X,F,C,P,R」のいずれかが付きます。

 

文字説明
なしCore i7-7700
Core i5-6500
通常
XCore i7-5960X
Core i7-4960X
オーバークロックが可能
Core i7 Extreme Editionの上位モデル
ソケットがXeon CPUと共通のものが多い
KCore i7-4930K
Core i7-4820K

オーバークロックが可能

Corei7 Extreme Edition

ソケットがXeon CPUと共通のものが多い

KCorei9-9900K
Core i7-8700K
Core i5-6500K
Core i7-4790K
オーバークロックが可能
通常のものよりも動作周波数が高く、オーバークロックしなくても比較的性能が高い、選別モデル。
FCore i3-9100F
Core i5-9400F
内臓グラフィックス非搭載モデル
通常のものに比べて比較的安い
CCore i7-5775Cオーバークロックが可能
第五世代CPUのみ
SCore i7-4770S

省電力版CPU。動作周波数が通常より低い

TDP65W程度

TCore i7-4770T超省電力版CPU
TDP35W程度
PCore i5-2450P
Core i5-2380P
内臓グラフィックス非搭載モデル
RCore i7-5775R
Core i7-4770R
一部会社の小型PCに搭載されている

 

ただ省電力モデル、K付きモデル等については、普通に使用している分には通常のものにあまり変わりない感じがします。

 

 

③Celeron Gxxxx(T) / Pentium Gxxxx(T)

※この節では2010年以降のCeleron,PentiumCPUについて説明します。

この時代のCeleron / PentiumはCoreiシリーズと互換性があり、同じソケットに対応しています。

しかし性能としては

Celeron < Pentium < Corei

となっており、この二つのCPUは廉価モデルとして登場しています。

 

Coreiシリーズ世代Celeron

Pentium

1世代(Nehalem)なしG69xx
2世代(SandyBridge)G4xx / G5xxG620~G870
3世代(IvyBridge)G16xxG2xxx
4世代(Haswell)G18xxG3xxx
5世代(Broadwell)なしなし
6世代(Skylake)G3900~G3920G4400~G4520
7世代(Kabylake)G3930~G3950G4560~G4620
8世代(Coffeelake)G4900~G4920G5500~G5600
9世代(Coffeelake-Refresh)なしG5420 / G5600T / G5620

 

難しいですがおおよそこのようなナンバリングになっています。また、CeleronやPentiumにも「T」付きモデルが存在し、TDPが35W程度に抑えられています。

 

続いてはモバイル向けCPUです。

 

 

モバイル向けCPU


> 続きを読む 






アンケート

期限:2020/07/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

brave-sapporo-広告

JUNKI

Babu
受験勉強せねば

Twitter Youtube Instagram