その軽さいる? 富士通の新しいノートパソコン

最終更新日:

今回は少し批判的な記事になってしまうかもしれないので、そういうのが苦手な人は閲覧をお控えください。

今回取り上げていくのは7月18日より富士通から発売された新型ノートパソコン「LIFEBOOK UH95」です。ノートパソコンというよりは、2in1pcで、タブレットにも変わります

(UH95のイメージ画像)

LIFEBOOK UH95のスペック紹介

項目

Fujitsu

LIFEBOOK UH95/D2

Mouse-computer

m-Book X400H

CPUCorei7 8565UCorei7 8565U
OSWin10 homeWin10 home
メインメモリDDR3 8GBDDR4 8GB
ストレージM.2 SSD 512GBM.2 SSD 256GB
ディスプレイ

13.3inch 1920 x 1080

非光沢/タッチパネル

14inch 1920 x 1080

非光沢

無線

IEEE 802.11ac

Bluetooth 5.0

IEEE 802.11ac

Bluetooth 5.0

重量

0.868kg

1.13kg

バッテリー持ち時間

10時間

14.5時間

価格

242,784円

109,800円

左側がこの記事で紹介している「Fujitsu LIFEBOOK UH95/D2」なのですが、同じような性能のノートパソコンがマウスコンピュータにも販売されていたため、比較する形式で表にまとめてみました。

CPU、OSは変わりませんが、LIFEBOOKの方では小型化するために組み込み型DDR3メモリを使用しています。

ストレージはおよそ2倍多くなっています。

ディスプレイや、無線モジュールについてはほとんど変わりませんが、重量に差が出ています

今回登場したこのLIFEBOOKは世界最高の軽さというのが売りであって、868gまで抑えられているわけです。Mouseの方の、1.13kgと比べてそこまで差が出るのかよくわからない重量ですが…

そしてバッテリーの持ち時間はMouseの方が長くなっています。

そして衝撃的なのが価格です。

あまり性能に違いはないのにLIFEBOOKの方が2倍以上の値段になっています。

明らかに、性能的には高い価格となっているためお金を費やしたのは「軽さ」でしょう。

軽さを追求するためのどのような背景があってこれほどにまで高くなっているのかわかりませんが、明らかにコストパフォーマンスが悪いです。

たしかに軽いノートパソコンは魅力的ですが、ちょっと無理している感が否めないです。また、かなり軽量化を進めているのに通常のノートパソコン用CPUを用いているのも、ちょっと無理があるかとは思います。

 







アンケート

期限:2020/11/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

純輝
ちなみに私は富岡義勇推しですよ

Twitter Youtube Instagram