【ついに登場】新型iPhone SEと旧SE,8を徹底比較

最終更新日:

ついにこの日がやってきましたね。Appleから新型のiPhone SEが発表されました。だいぶ前からこのモデルに関する噂は広まっていましたが、結局のところ名前は「SE」になりました。つまり前モデルと同じということですね。

ですが見た目だけでなく、中身もかなり進化しています。そこでこの記事では新型のiPhone SEがどんな人におすすめな機種なのかを徹底解説していきます。また、iPhone 8やSEとも徹底比較していきます。

 

 

この記事を2文で説明すると

  • 新型iPhone SEではiPhone 8比べて処理性能が向上し、カメラ機能が増えたが、一番進化した点は「コストパフォーマンス
  • iPhone 8に元気がある人は乗り換えるに値しないが、iPhone 7以前からの乗り換えは非常におすすめ

デザイン

それではまず最初にデザインを見ていきます。

 

iPhone 8との比較

旧iPhone SEと比べろうという話ですが今回明らかにデザインが異なって、iPhone 8寄りになりましたのでここではiPhone 8との違いを見ていきます。

実際にiPhone SEの後継兼iPhone 8の後継(実質iPhone 9)という説もあるそうです。 上の写真では両者ともブラックモデルになりますが、iPhone 8についてはブラックの他にゴールドシルバースペースグレイPRODUCT REDがあり、iPhone SEについてはホワイトPRODUCT REDがあります。

そしてボディの形についてはiPhone 8と全く同じです。0.1 mmのズレもありません。また、カメラ配置も全く同じで、フラッシュの位置も同じです。ですがワンポイントだけ違うところがあります。それはリンゴマークの位置です。

よく見てみるとiPhone 8では上の方にあったのに対してiPhone SEではど真ん中に設置されています。これは噂通りといった感じでしょう。

そしてボディの仕上げについてはすりガラスになるといううわさもありましたが、どうやらiPhone 8と全く同じガラスになったようです。

そのためリンゴマーク以外の見た目はほぼ完全にiPhone 8と同じになったという認識で大丈夫だと思います。

 

 

技術仕様

それでは続いて技術仕様を見ていきましょう。

 

技術仕様表
Apple iPhone SE 第2世代Apple iPhone 8Apple iPhone SE
イメージ画像
メーカーAppleAppleApple
カテゴリースマートフォンスマートフォンスマートフォン
カラーブラック
ホワイト
PRODUCT RED
ゴールド
シルバー
ブラック
PRODUCT RED
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
OSApple iOS 13Apple iOS 13Apple iOS 11
ディスプレイ方式IPSIPSIPS
ディスプレイサイズ4.7インチ4.7インチ4インチ
ディスプレイ解像度1334 x 7501334 x 7501136 x 640
ディスプレイ密度326 ppi326 ppi326 ppi
輝度625ニト625ニト500ニト
コントラスト比1400:1(標準)1400:1(標準)800:1(標準)
チップApple A13 Bionic
(第3世代のNeural Engine)
Apple A11 Bionic
(Neural Engine)
Apple A9
ストレージ64 GB
128 GB
256 GB
64 GB
128 GB
256 GB
16 GB
32 GB
64 GB
128 GB
カメラ配置背面 1つ
前面 1つ
背面 1つ
前面 1つ
背面 1つ
前面 1つ
背面カメラ広角 , 12 MP , f/1.8広角 , 12 MP , f/1.812 MP , f/2.2
前面カメラ7 MP , f/2.27 MP , f/2.21.2 MP , f/2.4
ビデオ撮影背面
4K @60fps
1080p @240fps

前面
1080p @30fps
背面
4K @60fps
1080p @240fps

前面
1080p @30fps
背面
4K @30fps
1080p @120fps
720p @240fps

前面
720p @30fps
端子LightningLightningLightning
3.5 mmヘッドフォンジャック
ボタン電源、音量、ミュート、ホームボタン電源、音量、ミュート、ホームボタン電源、音量、ミュート、ホームボタン
持ち時間(目安)13時間(ビデオ再生)13時間(ビデオ再生)13時間(ビデオ再生)
無線通信Wi-Fi 6
Bluetooth 5.0
NFC,FeliCa
4G LTE
Wi-Fi 5
Bluetooth 5.0
NFC,FeliCa
4G LTE
Wi-Fi 5
Bluetooth 4.2
NFC
4G LTE
生体認証指紋認証(Touch ID)指紋認証(Touch ID)指紋認証(Touch ID)
サイズ(高x幅x奥)7.3 mm
67.3 mm
138.4 mm
7.3 mm
67.3 mm
138.4 mm
7.6 mm
58.6 mm
123.8 mm
重量148 g148 g113 g
他の製品と比べる

この自動比較システムは最近BableTechで取り入れたものになりますね…笑 何気に使うの初めてです。 それではそれぞれの仕様を解説していきます。

 

ディスプレイ

ディスプレイについてはすべて同じ「IPS液晶」となっていて、密度も変わらず326 ppiとなっています。326 ppiは人間ではドットを識別できないレベルですのでこれ以上必要ないでしょう。

旧iPhone SEと比べるとTrue Toneテクノロジーを採用している輝度が向上している広色域P3を採用しているコントラスト比が向上しているなどの違いは見られますが、iPhone 8との違いは特にないようです。

 

 

チップ

続いては中央処理装置になりますが、新型iPhone SEでは主にこの「チップ」が進化しました。具体的にはiPhone 11シリーズで採用されているものと同じ「A13 Bionic」となり、処理能力が格段に上昇しました。

AnTuTuベンチマークでは以下のような差が出ています。

 

 

総合性能を表していますが、iPhone 8のおよそ二倍、そして旧iPhone SEの三倍程度のスコアをたたき出しています。

そのため最新のゲームを更に快適にプレイすることができるでしょう。また、iPhone 11よりも解像度が低いですので場合によってはiPhone 11よりも高い性能を発揮することもあるかもしれませんね。

 

ストレージ

 

ストレージ

ストレージ(ROM)とは、写真や動画などの思い出データを保存するための装置です。

ストレージについては旧iPhone SEと比べると256GBのオプションが増えるなどして進化していますが、iPhone 8との違いはありません。

 

 

カメラ

カメラについては旧iPhone SEと比べるとチップ性能が向上したこともあって、全体的に撮影性能が上がっています。 iPhone 8と比べるとそこまで進化しているようには見えないですが高度な赤目修正が利用できるようになっていたりボケ効果と深度コントロールを使うことができる「ポートレートモード」が追加されていたりします。

これはカメラレンズが進化したからというよりは、チップが改善されたことによる恩恵と言えるでしょう。 ただし使いようによってはその違いが判らないという人もいると思います。

 

バッテリー

バッテリーについても大きな変化はありませんが、iPhone 8と同様に18W以上の急速充電をサポートしています。また、ワイヤレス充電にもサポートしました。

バッテリーの持ち時間自体は全モデル大差ないようです。

 

無線通信

無線通信についてはiPhone 11シリーズと同様に最新の「Wi-Fi 6」をサポートしました。これはチップが進化したことによる恩恵です。Wi-Fi 6をサポートしているルーターに接続すればかなりの高速通信を実感することができますが、まだ普及していないのも現状ですね。

そしてBluetoothは最新の5.0をサポートしました。4.2に比べると通信速度が二倍程度速くなっているという進化ポイントがあります。

 

生体認証

ホームボタンがありますので、すべてのモデルで指紋認証(Touch ID)をサポートしています。実はiPhone SEではTouch ID第1世代が搭載されているので、iPhone SEと比べると新型iPhone SEの方が格段に速い認証を実現できているでしょう。

ですがiPhone 8とは何も変わりません。

 

サイズ・重量

サイズ・重量については最初に説明した通りiPhone 8と全く変わりません。ですが旧iPhone SEよりは大きく、重いですので乗り換える人は少しの間違和感があるかもしれませんね。ただスマートフォンとしてはそこまで大きくない方なので、割とどんな人の手にもフィットするでしょう。

 

 

 

価格

そしてやはり問題は価格です。ここでは64GBに合わせて比較してみます。また、価格は発売当時のものです。

 

 新iPhone SEiPhone SEiPhone 8
64 GB44,800円64,800円78,800円

 

見た瞬間驚きです。明らかにこの度登場した新型iPhone SEが安いです。iPhone 8は最近では5万円台で売られていたようですがそれに比べても安いです。仕様としては旧iPhone SEだけでなくiPhone 8の完全上位互換ともいえるのでかなりコストパフォーマンスが高いです。

ただ、とは言いつつもiPhone 8を持っている人でも劣化していないのなら乗り換える必要はほとんどないと思います。 旧iPhone SEを使ってて、そろそろ乗り換えたいと感じている人にはかなりおすすめです。

iPhone SEからの乗り換えだけでなく、iPhone X以前のホームボタンのついているiPhoneを使っていて、同じホームボタンが付いているものに乗り換えたいという人にはかなりおすすめでしょう。







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

Weini_Sleep広告

Weini_Sleep
JUNKI

Babu
ブログ運営はおおむね、「外部経済」で成り立っているのはご存じですか?

Twitter Youtube Instagram