10世代IntelCPU「icelake」ついに出荷開始

最終更新日:

こんにちは、ホットな情報をお送りします。当ブログではこの「10世代CPU」について色々紹介してきましたが、現地時間で8月1日に、Intelは「icelakeCPU」を出荷開始したことを発表しました。

これまでの情報通り、出荷されたのはモバイル、2in1タブレット、一体型パソコン(AIO)向けCPUの、従来で言う「U/Y」モデルです。 それではその一部を紹介していきます。

大きく変わった、ネーミング

出荷されたicelakeCPUのネーミングは異様なものでした。

これまでのネーミングとしては、例えばCorei5 2520Mのように、(種類)(型番4桁)(シリーズ)というネーミング構成になっていましたが、

icelakeCPUの一つである、「Corei7 1068G7」については少し変わっています。

そもそも先ほど紹介したCorei5 2520Mの最初の「2」は2世代を表すものです。10世代となってしまった今、10xxxという5桁ネーミングになることも予想されていたわけですが、10xxと、世代番号以降の番号が縮小されたようです。

また、Corei7 1068G7については従来で言う「Uモデル」なのですが、後ろに「U」とついていません。代わりについている「G7」というのは低電力版を表すものではなく、内蔵グラフィックスの種類を表すものとなっています。

 

これまでの世代といえば、世代ごとに1種類のGPUしか使われていなかった印象ですが、これからは同世代の中でも違うGPUが使われるみたいですね。

ただし、GPUの構造(アーキテクチャ)は変わらずに、EU(ベクタコア)の数が変わるだけみたいです。このベクタコアというのはGPUのコアの集まりのようなものです。

Ryzenでいう「VegaxGraphics」みたいなものでしょうか。

 

とりあえず、icelakeでは以前の情報通りGPUにこだわっているみたいです。続いてCorei7 1068G7についてもう少し詳しく調べてみましょう。

CPUCore i7 1068G7Corei7 8550U
GPUIntel Iris Plus Graphics 940?Intel UHD Graphics 620
コア/スレッド4/84/8
L3キャッシュ8MB8MB
TDP28W15W
ベースクロック2.3GHz1.8GHz
ブーストクロック3.6GHz4.0GHz
GPUクロック1.10GHz1.15GHz

 

このようになっています。8世代Corei7 Uシリーズと比べてみました。

GPUでは、Irisグラフィックしか使われないのでしょうか。Irisグラフィックス自体は以前も使われていて、Macbook等によく使われていた印象です。UHDやHDシリーズよりも比較的高いパフォーマンスとなっております。

内蔵GPUの性能が上がったためか、TDPとしてはicelakeのほうが高くなっています。

キャッシュやコア数は変わりません。具体的な性能については今後紹介していきたいと思います。

 







アンケート

期限:2020/07/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

brave-sapporo-広告

JUNKI

Babu
受験勉強せねば

Twitter Youtube Instagram