台風や大雨対策に便利なアプリを厳選【テレビは教えてくれない情報】

投稿日:2019年10月20日
更新日:

台風15号、19号… 次々と日本に大きな台風が押し寄せています。そして実際に日本を襲い、多くの方が被害を受けました

台風をコンピュータの力で消すことは不可能に近いですが、あらかじめ台風の情報をよく知っておいて対処することはできますし、何かあった時にいち早く避難できるように準備をしておくこともできます。

この記事では、テレビ・ラジオでは教えてくれない、台風・大雨などの情報を教えてくれるスマートフォンのアプリを紹介します。

 

スポンサーリンク

災害前&災害時、どのようにアプリを使うのか

私が最低限入れておくべきだと思ったアプリを紹介する前に、一体どのようなシチュエーションでアプリを使えばいいのかについて説明します。

 

1、災害前

災害前というのはなんだか日本語がおかしいかもしれませんが、現在は科学が発展して、自然災害をほぼ完璧に予測することができているため、1週間以上前から台風がどこに直撃するのかを知ることができます

なので、テレビの情報やアプリの情報をみて、自分の地域に直撃するかどうかを常に確認しておくことが大切です。

自然災害というのはいきなりやってくるものもあるので、テレビの情報だけではなくこういったアプリの情報と併せて確認することで、より確かな情報を得ることができます。

 

2、災害時

災害時は、自分の地域でどれくらいの雨が発生しているのか等を知ることも大切ですが、それよりも避難が必要なのか、必要だとしたらどうやって避難すればいいのか等の情報を知ることが第一です。

これから紹介するアプリの、避難情報等をリアルタイムで確認すれば、自分の地域にあった適切な避難をすることができるでしょう。また、災害で停電などがおきた場合テレビをつけることも困難なので、モバイルネットワークを繋げることができるスマートフォンが大いに活躍します

ただし、場合によってはモバイルネットワークも使えなくなるかもしれないことを頭に入れておくべきです。

あくまでも電気で動いているサービスなので、万が一の場合は自分の独断で避難等ができるようにあらかじめ調べておきましょう。

 

 

それではこのような場合にどのようなアプリが役に立つのか、最低限必要だと思うものを紹介します。

 

 

台風&大雨対策で必須なアプリ

1、Yahoo! 天気

Google Play で手に入れよう

 

まず絶対に入れておきたいのはこのアプリです。

基本的な全国の天気情報はもちろんのこと、自分の地域を登録しておけば瞬時に自分の地域の天気を把握することができますし、15時間後の雨雲予想レーダー図を見ることもできます

この記事を作るにあたっていろんなアプリをダウンロードしましたが、15時間後まで予想できるのはこのアプリ以外になかったと思います。

しかもこれらのサービスが無料で使えるので非常に便利です。

 

また、災害時にはこのようなサービスへのアクセスが大量に発生し、サーバーに負担がかかってアプリが全体的に遅くなってしまうということがありますが、このアプリはYahooが提供しているのでかなり強いサーバーを使っています

なので災害時も快適にアクセスすることができるでしょう。

 

Yahooということで情報の信頼性もかなり高いです。やはり災害時は大手のサービスを利用するのが一番です。

 

これはYahooが提供しているMapというアプリになりますが、Yahoo! 天気ではこのまま15時間後まで見ることができます。

上図のように航空写真モードにするととてもみやすくなるかと思います。

 

 

2、Yahoo! 防災速報

Google Play で手に入れよう

 

続いてもYahooのアプリになります。先ほどのアプリでも基本的な災害情報を確認することはできるのですが、こちらのアプリをインストールすれば防災速報を通知で即時に受け取ることができます。

災害時にテレビが使えなくなった時はもちろんのこと、テレビでは教えてくれない細かい防災速報まで瞬時に通知してくれるのでとても便利です。

 

また、このアプリは先ほどのアプリと一緒にインストールするとより便利になります。

 

3、アメミル

Google Play で手に入れよう

 

 

なんかカクカクしていますが、このアプリでは通常の雨雲レーダーだけでなく、AR技術を用いることによって3Dで確認することができます

少しスマートフォンの性能が必要になってきますが、これを使えば平面でレーダーを見るよりももっと素早く・わかりやすく確認することができます

雲をくぐり抜けてもっと近づけば自分の地域を確認することができるので、便利です。

 

ただ、3Dモードについてはある程度明るい場所でないと不具合が発生することがあるので、災害時は使わない方が良いかもしれません。

災害前に非常に役に立つかと思います。

 

 

最後に

以上、私が選んだ最低限入れておきたい台風・大雨対策アプリでした。

災害前・災害時にこれらのアプリは大活躍しますが、何かあった時はアプリだけに頼るのではなく自分の知識で動くことも大切です。

最初にお話ししましたが、あらかじめ自分の地域にあった避難の仕方を確認しておくことも大切です。

 

 







こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンスサイドバー

楽天モーションウィジェット

Babu
iOS , iPad OS 13.4ゲッチュ