ついに5nmプロセスが実現? Huaweiの新「Kirin 1000」チップセットについて

最終更新日:

Googleのサービスを受けられないなどで問題になっているHuaweiですが、ここ最近新しい「Kirin 990」チップセットを発表し、Mate 30に搭載させました。

Intel顔負け!? 5G対応の新CPUがHuaweiから【Kirin 990 5G】

ですがHuaweiはもう次のチップセットを見据えているといいます。この記事では、初めて5nmプロセスが可能となる「Kirin 1000」チップセットについて解説していきます。

この記事を1行で説明すると

  • 来年登場するであろう、Huaweiの「Mate 40」には初めてとなる5nmプロセスチップセット「Kirin 1000」が採用される。
スポンサーリンク

5nmプロセスとなる「Kirin 1000」

まだ詳しい情報は出ていないのでKirin 990との比較等は難しいのですが、現状で確かになっているのは「製造プロセス」です。

製造プロセスというのは、簡単に説明すると、チップ内回路の幅を表している数値で、「5nm」というと0.000005mmとなります。もちろん人の目ではわかったものではないですが、このような回路を組める装置がもうすでに開発されているのです。

 

7nmから5nmへの恩恵

現時点のHuaweiの最新チップセットは「Kirin 990」となります。これは5Gに対応していて、7nmプロセスが採用されています。

もう一つ前の「Kirin 980」ではトランジスタが69億個収納されましたが、Kirin 990では1.5倍程度のトランジスタを積むことに成功しました

 

プロセスの縮小による主な恩恵は「トランジスタ密度の向上」です。

回路の幅が小さくなるとその分トランジスタと呼ばれるパーツを多く積むことができるので処理性能が向上し、さらには消費電力を抑えることまでできます

そしてKirin 1000では1mm2あたり最大1.7億個のトランジスタを収納できます。

ダイのサイズなど詳しいことはわかっていませんが、おそらく合計でトランジスタを150億個以上積めることになるのでしょう。

こうすることにより、最大で30%程度の性能向上が期待できるとされています。

 

 

どんなコアを使う?

現時点ではARM Cortex-A77 CPUコアが使われると言われています。

ARMの最も強力なCPUで、電力消費量が多く、実はあまり効率良く処理することができないとされているCPUだったりするのですが、性能向上のために採用するのでしょう。

 

 

どんな端末に搭載されるのか

最初の5nmプロセスということですが、一番最初に採用されるのは「Mate 40」です。

Mate 30が発表されたのは最近のことですが、もう40の話が出ているのです。

Mate 40自体が登場するのは来年のことなので、まだ噂程度といった感じでしょうか。

 

ソース:https://www.phonearena.com/news/Kirin-1000-to-debut-in-Mate-40-series_id119317

https://www.gizmochina.com/2019/09/30/huawei-begins-trial-production-of-5nm-kirin-1000-soc/

 

関連記事:Intel顔負け!? 5G対応の新CPUがHuaweiから【Kirin 990 5G】

 







アンケート

期限:2020/08/15

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
第一志望大学の赤本が発売されるのが10月だってよ… 遅いな。

Twitter Youtube Instagram