【怪物】ついに発表されたAmpere GPUの性能がまさかの20倍?【A100】

最終更新日:

ついにオンラインでのGTC 2020でNvidiaの次世代アーキテクチャ「Ampere」を採用したGPUが発表されました。

A100という名前を持ち、データセンター向けとなっていて前世代の「Volta」アーキテクチャ(GV100等)の後継となっています。なお、GeForceシリーズについてはまだ発表されていません。

この記事ではA100 GPUについて現在分かっている情報を紹介します。

 

 

この記事を1文で説明すると

  • Ampereアーキテクチャの「A100」GPUはデータセンター向けであり、前世代のVoltaアーキテクチャ「GV100」20倍程度のパフォーマンス(新TF32形式を用いて)を発揮する

 

A100の特徴

A100 GPUはNvidiaのAmpereアーキテクチャを採用するデータセンター向けのGPUになります。

AmpereアーキテクチャではAMDが第3世代Ryzen CPUやNavi GPUなどで採用したTSMCの7nm FinFETプロセスが採用されており、トランジスタ密度が非常に高くなりました

 

 Ampere A100Volta GV100
アーキテクチャAmpereVolta
プロセスTSMC 7nmTSMC 12nm
ダイサイズ826 mm2815 mm2
トランジスタ数540億個211億個
VRAMHBM2 40GBHBM2 32GB
FP32演算能力312 TFLOPS14.8 TFLOPS

 

このようになっています。前世代のデータセンター向けアーキテクチャ「Volta」と比べてみました。プロセスはTSMCの7nmとなり、ダイサイズがそこまで変わらないのにもかかわらず、トランジスタ数は2倍以上となっています。これはまぎれもなく7nmプロセスの恩恵です。

そしてVRAMも若干増量しました。タイプはHBM2となっています。

そして演算能力になりますが、Ampereのこの値はAmpereの搭載されている第3世代のTensorコアがサポートする「TF32:Tensor Float 32」と呼ばれる新たなFP32(に近い)フォーマットでの演算となっていて、明らかに効率が良くなっているのでこれまでのFP32パフォーマンスと単純に比較することはできませんが、目安にはなっています。

この値はA100 GPUが前世代の20倍程度の能力を保有することを示しています。

 

Nvidiaより

 

ただし、先ほど説明したように少なくともA100 GPUはGeForceシリーズには搭載されないと言われています。かといってTITANシリーズにも導入されるわけではなく、消費者向けのGPUについてはまた別の特徴を持って登場するでしょう。

 

あ、ちょっと自分もよくわかってない部分があるので勉強してきます







アンケート

期限:2020/06/30

こちらの記事に興味があるかもしれません


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


検索

Googleアドセンス

JUNKI

Babu
受験に向けて2,3日に1投稿にします

Twitter Youtube Instagram